先が細く、持つ部分は程よく太い「starnet(スターネット)」のお箸

今日のひとしな
2017.08.20

~ musubi(むすび)より vol.20 ~

はさむ、つまむ、支える、運ぶ、切る、さく、ほぐす、すくう、まぜる、くるむ、のせる、押さえる、分ける……。二本の棒の持つ役割は多彩だ。

20starnetのお箸_02

喰い先一寸。並べると二本がぴったりと寄り添い、箸先に向かうにつれ細くなってゆく。箸先の数センチが、お箸の要の部分。先が細く、ぴったりしていると小さなものでもつまみやすく、ムダな力が入らないから使う様も美しく見える。心身をつくる三度の食事を共にするのだから、おざなりには選べない大切な道具だ。

20starnetのお箸_01

箸先が細いものが使いやすい、と気がついてから、竹や漆塗りの極細箸と呼ばれる細いお箸を使っていた。頭から先まですっと細いお箸は、持っても、置いても様になったのだけれど、日々の食事にはもう少し持ち手が太くて握りやすく、水に強いものがあったら、と思っていた頃に出会ったのが、この「starnet」のお箸だった。

20starnetのお箸_03

鉄木というその名の通り、硬くて水に強い木から作られたお箸は、無塗装、もしくは蜜蝋や亜麻仁油といった植物油のみで仕上げているのですべりにくい。程よい太さの握りと細い箸先は、小さなお豆でも、細い麺でも、骨の多いお魚でも、ストレスなく扱える。その使い心地の良さに、お箸の持ち方さえ上手になったような気分にさせてくれるのだ。

20starnetのお箸_04

店には8年程使ったお箸が、真新しい箸と一緒に並んでいる。色濃く変化しながら、箸先の形は保ったまま、まだ現役。美しくて強い、理想の姿だなぁと思うのです。

 

←お店の紹介はこちらから

musubi(むすび)

普段の暮らしに、ささやかだけれど美しく、しっかり寄り添ってくれる日用品や雑貨をセレクトしたお店。「今日のひとしな」の執筆は、店主の坂本眞紀さん。

 

東京都国立市富士見台1-8-37
TEL:042-575-0084
営業時間:12:00~18:00
定休日:日、月曜
WEB:http://www.musubiwork.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/musubiwork/
instagram:https://www.instagram.com/musubi_work/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ