凸凹の布「朝光テープ」の「びわこふきん」

今日のひとしな
2017.08.21

~ musubi(むすび)より vol.21 ~

水をすばやくたっぷり吸ってくれること。洗った後の乾きが速くて清潔であること。厚みや大きさが丁度良く拭きやすいこと。お皿に拭きあとや毛羽がつきにくいこと……。

一枚の布に求めるものは多い。これらをいっぺんに求めるというのもわがままな話かもしれないけれど、凸凹した糸で織られた木綿の布が、願いを叶えてくれた。

21朝光テープのびわこふきん_02

ガラ紡と呼ばれる、日本独自の紡績方法で紡がれた糸で織られた木綿の布。凸凹した糸に油や汚れを取り込んでくれるので、洗剤や石けんを使わずに食器を洗ったり、身体を洗ったりできる。袋から出したばかりのその布が、驚くほどすばやく水を吸い取るのは、鮮やかな色を出すための蛍光剤や、織りやすくするための薬剤を使っていないから。

21朝光テープのびわこふきん_01

かつて滋賀県琵琶湖の汚染が、洗剤に含まれるリンよって引き起こされたことで、地域住民はリンを含む洗剤を追放する運動を起こした。時を同じくして、洗剤を使わずに洗い物ができないかと開発に取り組んだのが「朝光テープ」。びわこの水を汚さない新しいふきんとして名付けられたのが「びわこふきん」の名前の由来だ。

21朝光テープのびわこふきん_03

洗剤や石けんを使わないので手荒れ、肌荒れも減り、生活排水で川や海を汚すことも少なくなる。

21朝光テープのびわこふきん_04

ふきんのお手入れは、普段は石けんで、汚れが気になったら重曹や酸素系漂白剤で煮洗いを。それでも汚れが落ちなくなって擦り切れたりしたら雑巾に。吸水、汚れの落とし具合、乾き具合は変わらず、そこからさらに長く働いてくれる、人にも環境にも優しい布です。

 

←お店の紹介はこちらから

musubi(むすび)

普段の暮らしに、ささやかだけれど美しく、しっかり寄り添ってくれる日用品や雑貨をセレクトしたお店。「今日のひとしな」の執筆は、店主の坂本眞紀さん。

 

東京都国立市富士見台1-8-37
TEL:042-575-0084
営業時間:12:00~18:00
定休日:日、月曜
WEB:http://www.musubiwork.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/musubiwork/
instagram:https://www.instagram.com/musubi_work/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ