始末のいい暮らし「中津箒」横畠梨絵さんの「山型小箒」

今日のひとしな
2017.08.17

~ musubi(むすび)より vol.28 ~

暑さの盛りを過ぎて少しずつ秋に向かう頃、しみじみ美味しいと感じるのは朝のコーヒー。起き抜けのぼうっとした頭で今日一日のことを思い浮かべながら、小さなミルで豆を挽く。

28中津箒 横畠梨絵さんの山型小箒_01

寝ぼけているのか、注意が足りないのか、ドリッパーに移す際に取りこぼしてしまうのは日常茶飯事。挽いたコーヒー豆、バケットを切った時のパン屑、おやつのおせんべいのカケラ、鍋の外に散らばったお塩など、「あぁ……」と溜息が漏れるような、少しばかり残念な出来事の後始末を引き受けてくれるのは、横畠梨絵さんが作る中津箒。この小さな箒は、使ってみると、掃除した場のみならず、人の心までも清めてくれるような気がする。

28中津箒 横畠梨絵さんの山型小箒_02

左右対称に編まれた山型小箒は、向きを気にせず手首を返しただけで、右でも左でも掃除しやすいように生まれた形だ。

神奈川県愛甲郡愛川町・中津で原料であるホウキモロコシを無農薬で自社生産、職人の手で製作を行っている中津箒。穂先をほとんど切らず丁寧に揃えて編み込んでいるため、細部まで届いて折れにくい。あたりが柔らかく、よくしなる。

28中津箒 横畠梨絵さんの山型小箒_03

落ち着いた色合わせと、背筋がすっと伸びるような佇まいは彼女の作品ならでは。我が家の台所の定位置に掛けられ、静かに出番を待っている。

28中津箒 横畠梨絵さんの山型小箒_04

「始末のいい」の「始末」とは始めから終わりまで、準備から後始末までいう意味もあり、物事の始めだけではなく終わりを愉しめると、こんなにも気持ちの良いものだということを小さな箒に教わる。

 

←お店の紹介はこちらから

musubi(むすび)

普段の暮らしに、ささやかだけれど美しく、しっかり寄り添ってくれる日用品や雑貨をセレクトしたお店。「今日のひとしな」の執筆は、店主の坂本眞紀さん。

 

東京都国立市富士見台1-8-37
TEL:042-575-0084
営業時間:12:00~18:00
定休日:日、月曜
WEB:http://www.musubiwork.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/musubiwork/
instagram:https://www.instagram.com/musubi_work/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ