「マリールゥ」のパンケーキでのんびり日曜朝ごはん

器店主の朝ごはん
2017.10.29

「うつわと雑貨Lino(リーノ)」井上友子さんvol.4

←vol.3はこちらから

 

最後になりましたが、日曜日は昔からパンケーキを焼くことが多く、今ではすっかり我が家の定番となっています。パンケーキの朝ごはんは、とても穏やかな朝を迎えられるような気がします。

大好きな絵本の中でもパンケーキのお話が多く、物語の中のパンケーキの様に小さく高く積み重ねたり、大きくフライパンいっぱいに(ぐりとぐらのように!)焼いたりして楽しんでいます。

日曜の朝は、時間がゆっくり流れるので、丁寧に紅茶を淹れて朝はのんびりします。この日は「teteria(テテリア)」さんの“ctcmilk”をイソジン色に濃い目に煮だし、たっぷりのミルクを入れたミルクティです。このミルクティとパンケーキの組み合わせがほっとする味で好きなんです。

s-朝4-1

 

今回は、はしもとさちえさんのリム8寸をワンプレートとして使いました。パンケーキにサラダ、ヨーグルトがのる大きさです。

たっぷりのバターに蜂蜜、みつこじさんの季節のジャムにヨーグルト、サラダにはイチジクを一緒にいれてバルサミコのドレッシングをかけています。

石原ゆきえさんのピッチャーに入れた蜂蜜は、和歌山の古座でとれる日本蜜蜂の集める百花蜜と呼ばれるものです。

ヨーグルトの器は青木郁美さんのもので、丁度良い大きさで紙を組み立てたような、儚くて繊細なお花の器でとても気に入っています。

 

全体的な器の質感をマットなものに統一し、色味を抑えてのせるものを引き立たせるようにしました。

加藤かずみさんのカトラリーレストとオーバル豆皿は、細部まで形やデザインにこだわって作られていて色や質感もとても素敵です。

中村さとみさんのカトラリーは竹で出来ていて、軽くて器に傷が付きにくいのですが、なんとお肉も切れるんですよ。

 

ワンプレートの器は、はしもとさちえさん

スプーンレストとオーバル豆皿は加藤和美さん

ポットとマグカップとピッチャーは石原ゆきえさん

ヨーグルトの器は、青木郁美さん

竹のカトラリーは中村さとみさん

 

s-朝4-2

 

パンケーキミックスは新潟の「マリールゥ」さんのものです。粉の甘味が味わえて、ガリッとした岩塩も効いている、そのバランスがほどよいので、何もつけなくても美味しいです。おやつというよりは、食事になるパンケーキです。

時々、この粉でスコーンも作るのですが、がりがりとした食感に焼け、チョコやレーズンなど中に入れるものを変えています。

 

 ポットは丸味がありシンプルなものと、少しグレーかかったマグを。どちらも手に馴染み使いやすいです。

s-朝4-3

 

 

最後の週となりましたが、私の朝ごはんに最後までお付き合いくださりありがとうございました。

和歌山の南に位置する小さなお店ですが、熊野にお越しの際は、ふらっとお立ち寄りくださいね。

うつわと雑貨Lino 
和歌山県田辺市下万呂472-2

Tel: 0739-24-9773

金・土・日曜日は隔週休み

日常で使う道具や作家の器を扱う

http://lino-shop.com/

https://www.instagram.com/linonohibi/

https://www.facebook.com/lino.utuwazacca

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ