“今日“という日が愛おしくなる”万年クラフトカレンダー“

今日のひとしな
2017.09.29

~store room(ストアルーム)より vol.29~

万年カレンダーというモノに心惹かれ続けて、もはや長い年月が経ちます。
初めて自分の机の上に置かれたのは…小学生の頃。台座の上に、東京タワーのミニチュアと円盤状の日めくりが乗っているタイプのものでした。記憶が間違っていなければ、努力という文字と温度計も付いていたかもしれません。
懐かしすぎます…。

s-29-1

年月を経て大人になってからは、このような佇まいのアンティーク物を好むようになりました。特に、ネジを回して「カチャッ!」といった音とともに日付が変わる瞬間が楽しいものです。

s-29-2

そんな好きが高じてつくったのが、この組立て式クラフト万年カレンダーです。
こちらは(D)のタイプ。

s-29-3

新潟市内の老舗はんこ屋「本間印鋪」の四代目(当時)本間航氏のデザイン力を大いにお借りしつつ、「store room」オリジナルとして、紙製カードをめくって楽しむ万年カレンダーを2種類制作しました。カードの数字やロゴは、制作したハンコをすべて手押ししたものです。

s-29-4
s-29-5

もう1種類が、このデイリーのみ(S)のタイプ。両タイプともに、下部中央に「ORDINARY DAYS」と印字してありますが、何気ないごく普通の日々が実はとても大切なんだ、という意味で入れてあります。

s-29--6

薄めのダンボールや厚紙、そして数十枚のカード一式が収まっているのが、この封筒型パッケージです。何処かの町工場でつくられたかのような雰囲気も面白いです。

自分でつくる楽しみ、佇まいを見る楽しみ、そして日々めくる楽しみなどを兼ね備えた…
この万年クラフトカレンダー。日々の暮らしの中に組み込まれてみてはいかがでしょうか。

 

Text : kiyokoba

万年クラフトカレンダー 
D-type \ 1,200 + tax  
S-type \ 1,000 + tax

 

←お店の紹介はこちらから

store room(ストアルーム)

オリジナルブランド「a piece of Library」のほか、長く付き合える洋服や小物、アンティーク雑貨など、デイリーユースなアイテムが揃う。「今日のひとしな」の執筆はデザイナーの小林泰子さんほか、スタッフの皆さんがリレー形式で担当。

 

新潟県新潟市中央区上大川前通7番町1237-1 サンシャイン新飯田屋1階
☏025-378-8377
営業時間:11:00-19:00
定休日:月曜日
http://lifewares-web.com/access
https://www.instagram.com/store_room_/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ