デザインに惹かれた「PUEBCO(プエブコ)」のルームディフューザー

今日のひとしな
2017.10.01

~  soleil(ソレイユ)より vol.1 ~


「PUEBCO」 に出会ったのはかれこれ4、5年前、都内のインテリアショップで見かけた小鳥のオブジェやキャンドルでした。これはどこの国のものだろう? と思ったのを今でも覚えています。あの小鳥たちが「PUEBCO」のものだと知るのは、もう少し後のこと。

国道246号線を道なりに進んだ三軒茶屋と池尻大橋のちょうど中間辺り。オフィスと併設された「PUEBCO」のお店は、これまた不思議な立地と店構え。ラボの様な雰囲気に、所狭しと商品がディスプレイされた空間は、行くたびに心踊る場所のひとつです。

s-DSC_2329
置いてあるものも本当にさまざま。ステーショナリーもあれば、収納道具、掃除用品、フレグランス、砂時計……ん? なにこれ? そんな大人の遊び心も垣間見えるプロダクトは、ただユニークなだけではなく、ひとつひとつに高いデザイン性と実用性があるものばかりです。

私がお店を始める時に、絶対に並べたいブランドだった「PUEBCO」。当店でお取り扱いしているアイテムはほんの一部ですが、今回の連載を通して「PUEBCO」の世界観をいろんな角度からご紹介させていただければと思っています。

s-DSC_2325
初回は、お取り扱いしている中で一番人気のアイテムでもあるルームディフューザーを。パッケージにMON、TUE、WED……と1週間のスペルが入っており、計7種類が曜日ごとに全く異なる香りというのが特徴です。どれも本当にいい香り。

小ぶりなサイズ感とリーズナブルな価格から自宅用としてはもちろん、プレゼントとしても選ばれる方も多いアイテムです。かくいう私もプレゼントとして頂いたのをきっかけに愛用しはじめた一人です。

s-DSC_2376
そして一番のおすすめのポイントは、なんといってもこのビジュアル。どのご家庭の、どこに置いてもしっくりくるデザインに、「PUEBCO」のものづくりの意識の高さが感じられます。

ちょっとした贈り物に迷ったら、ひとまずおすすめさせていただきたいアイテム。きっと喜んでいただけると思います。

 

→お店の紹介はこちらから

soleil(ソレイユ)

身につけるもの、生活雑貨などひとつひとつにこだわりをもち、丁寧に暮らしている女性の部屋をイメージしたセレクトショップ。「今日のひとしな」のコラム執筆は、店主・寺田佐有さん。

 

高知県高知市本町1-2-23 谷口ビル1F
営業時間:12:00~19:30
インスタグラム:@soleil.2017
http://soleil2017.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ