ゆっくり時を刻む砂時計のある生活「PUEBCO(プエブコ)」の砂時計

今日のひとしな
2017.10.22

~  soleil(ソレイユ)より vol.22 ~


時間を確認するのも目覚まし時計も、携帯ひとつで間に合うようになって、自宅に時計そのものがない人も多いのではないでしょうか。今日のひとしなは、思わず時が過ぎるのを眺めてしまう「PUEBCO」の砂時計のご紹介です。

s-DSC_2359
もともとインテリアとして買った砂時計。気が向いた時にひっくり返して、ゆっくりと砂が落ちていくのをぼーっと眺めていると、いつもと時間の感覚が変わったような気分になります。

s-DSC_2361
砂時計にしては大きめで、砂がすべて落ちるまでに10分かかります。そのため、すきま時間の読書や、お風呂上がりのマッサージなどのお供にもおすすめです。

s-DSC_2351
携帯電話は少し遠くに置いて、砂時計でアナログな時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか。いつもよりすこしだけ時間がゆっくりと感じれるかもしれません。

 

←お店の紹介はこちらから

soleil(ソレイユ)

身につけるもの、生活雑貨などひとつひとつにこだわりをもち、丁寧に暮らしている女性の部屋をイメージしたセレクトショップ。「今日のひとしな」のコラム執筆は、店主・寺田佐有さん。

 

高知県高知市本町1-2-23 谷口ビル1F
営業時間:12:00~19:30
インスタグラム:@soleil.2017
http://soleil2017.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ