出西窯の器 ~メゾン エ トラヴァイユより~ vol.3

今日のひとしな
2016.03.03

←お店の紹介はこちらから

 

またまた島根県の器のご紹介です。

島根県出雲市斐川町出西にある窯元、出西窯。昭和22年、農家の次男三男の若者5人で開窯。島根県安来市出身の陶芸家、河井寛次郎などに指導を受け、その繋がりから民藝運動の父でもある柳宗悦、イギリス人陶芸家バーナード・リーチらとも交流が生まれ、現在のモダンなスタイルが特徴的な器となっています。

道具としての価値を重要視した出西窯の器は、まさに「用の美」という民藝運動の思想を元にして生まれた器です。料理を頂く時はもちろんですが、食事を終えて洗い物をする時にも感じるその使いやすさ。あまり気を遣わずに使えるところも魅力です。

03-1

内黒ボウル¥4,900 +tax 内黒丸鉢¥2,200+tax 内黒手付皿¥3,200+tax

 

出西窯の器の中でも、柳宗悦氏の息子、柳宗理氏がディレクションした出西窯シリーズがあります。さらにミニマムなデザインで人気の高いシリーズです。和食にしばられずイタリアンなどにも合う器となっていります。特に黒は、野菜の色がとてもきれいに見えて食欲をそそります。

03-2

縁焼平皿¥2,700+tax / 縁焼深丸皿 中¥2,500+tax 小¥1,900+tax

こちらの縁焼シリーズも人気です。お皿は毎朝のトーストに、深丸皿は特にざらざらした表面が持ちやすく安定感もあり、我が家では鍋用やスープ皿として大活躍しています。

MAISON ET TRAVAIL(メゾン エ トラヴァイユ)

「家」と「仕事」をテーマに、この先ずっと使えるもの、大切にしていきたいものをセレクトしたライフスタイルショップ。古い郵便局を改装した雰囲気のある空間に、雑貨や器、道具が並ぶ。デイリー連載「今日のひとしな」のコラム執筆は、オーナーの谷 奈穂さん。

 

神戸市中央区山本通3-8-1ポルトビル1階

TEL:078-891-3215

12:00~18:30 水曜定休

http://www.maison-travail.info

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ