美味しいご飯を炊くために「東屋(あずまや)」の米びつ

今日のひとしな
2017.11.08

~designshop(デザインショップ)より vol.8 ~


先日実家から送られてきた荷物の中に、新米が入っていました。パンもパスタも好きですが、昔からとにかくお米が大好きで、とくに成長期の頃は、お腹にしっかりたまるという点で、毎食お米を食べていました。その印象が強いのか、親元を離れ、結婚してからも母に「お米足りてる?送る?」といまだに聞かれます。

s-1108_01
大好きなお米は、ちゃんと保管をしておきたい。そんな思いから、我が家では桐の米びつを愛用しています。

s-1108_02
桐の素材は防虫・防腐効果があり、安心です。また機能面もさることながら、するりと滑らかな触り心地も魅力。スムーズな引き戸の開口部は、毎日の家事にちょっとした癒しをくれます。

s-1108_03
またこの引き戸は上部(天井部)にあるので、棚の下段に置いてもお米が取り出しやすく便利です。

s-1108_04
せっかくの桐の米びつ。計量カップにもこだわりたい。そんな思いが叶えられる、付属の桐の一合升もちゃんと付いています。

時を経て、わたしが母となった今。今度は我が子の健やかな成長のために、この米びつにお米を欠かさず入れておき、せっせと毎日の食事を作っていきたいと思います。

 

文:水野春海

東屋|米櫃

 

←お店の紹介はこちらから

designshop(デザインショップ)

シンプルライフ、クオリティライフにふさわしい、流行に左右されず末永く使える優れた商品を発信するショップ。「今日のひとしな」コラム執筆は、オーナーの森 博さん、店長の鹿野幸祐さん、広報の杉江厚子さんをはじめとするスタッフのみなさん。

 

東京都港区南麻布2-1-17 白ビル1階
03-5791-9790
営業時間:11:00~19:00
定休日:土、日、祝日
http://www.designshop-jp.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ