「白木屋傳兵衛(しろきやでんべえ)」の紙製ちりとり「はりみ」

今日のひとしな
2017.11.27

~designshop(デザインショップ)より vol.27 ~


「白木屋傳兵衛商店」は天保元(1830)年に銀座で創業。その後、商人の街・京橋に移り、江戸の終わり頃からほうきを作り続けている老舗です。

1127_1
「designshop」にも置いているこの「苔ほうき」は、もともとお寺などで苔の上に落ちた葉を掃くためにこの形になったそうですが、少し細めで、はたきのように高いところのお掃除に使うのに便利なんですよ。

1127_2
そんなほうきの老舗が作るちりとり「はりみ」は、きっと使い心地がいいんだろうなあと気になって使ってみたところ、まず持ったときの軽さに惹かれてしまいました。

1127_3
紙製のちりとりなので、本当に軽い。外枠に竹ひごをはめ込んでいて、軽いわりにしっかり強度もあります。

そして、天然の塗料として昔から耐水、補強、防虫、防腐の目的で使われてきた柿渋が塗られていて、静電気が起きにくいことが何より気に入っています。ほこりや髪の毛がくっついたりせず、ゴミ箱へすっと静かに落とせる気持ちよさ。間口部分もとても薄いので、ほうきで掃いたゴミも綺麗に入ります。

1127_4
道具の使い心地が良いと、こんなにもお掃除をする気分も違うんだなあと思わせてくれるひとしなです。

この「はりみ」は、「実がはいる」という意味もあって縁起物。ほうきも「掃う」から「祓う」という意味がありますし、「はりみ」と「ほうき」を揃えてお掃除すれば、気持ちも晴れ晴れしそうです。年末の大掃除のために揃えておくのもいいかもしれません。


文:杉江厚子

白木屋白木屋傳兵衛|はりみ(ひも有・ひも無)

 

←お店の紹介はこちらから

designshop(デザインショップ)

シンプルライフ、クオリティライフにふさわしい、流行に左右されず末永く使える優れた商品を発信するショップ。「今日のひとしな」コラム執筆は、オーナーの森 博さん、店長の鹿野幸祐さん、広報の杉江厚子さんをはじめとするスタッフのみなさん。

 

東京都港区南麻布2-1-17 白ビル1階
03-5791-9790
営業時間:11:00~19:00
定休日:土、日、祝日
http://www.designshop-jp.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ