パン党ですが、時には朝からもりもりごはん! ~エイチワークス 園部由貴さん vol.1~

器店主の朝ごはん
2016.03.06

←お店の紹介はこちらから


東京・立川で「H.works」という器店を営んでいる園部由貴と申します。今日から約1か月、週2回のペースで、普段の朝ごはんのコラムを書かせていただくことになりました。お店で扱っているものを中心に、和の器を使ったテーブルコーディネートもあわせてご紹介したいと思っています。

photo&text:園部由貴 使用カメラ:OLYMPUS PEN Lite E-PL7


朝ごはん抜きで一日が始まることは、まずない私。たとえば旅の出発日で、どんなに朝が早くても、必ず食べて出かけます。胃も、何の抵抗もなく受け付けてくれますので……。

基本、朝はパン党で、時々ごはん。前夜の残りおかずを食べきっておきたい時や、買ったばかりの玉子がある時に、ごはんだったりしています。
16.02.08_A1226040
半熟目玉焼きのっけごはんと焼のり、
前日ちょこっと残ったおでん
柚子風味のたこなます、
お醤油。

16.02.08_A0205003
この日、使った器は
目玉焼きのっけごはんが、竹本ゆき子さんの灰釉6寸皿、
おでんは原朋子さんの輪花花文5寸鉢、
なますは長谷川奈津さんの粉引片口、
お醤油は田谷直子さんの汁注ぎ、
箸置きは長井梨恵さんのお品。


わが家にある長谷川さんの片口いろいろです。形が美しく、注ぎ具合も優れているので、ついつい増えてしまっています。朝ごはんでなますを盛り、お鉢がわりにしたサイズのものは、酒器になったり、湯冷まし用にと使えます。野の花を挿したりしても素敵です。

16.02.08_A0204002

浅めのものはお漬物やお菓子を盛ったり。そして小さなものは、お醤油やお酢、ミルクや蜜を注ぐ時に。薬味や珍味などちょこっと盛る用の豆鉢がわりにもなります。

 

←その他の「H.works」園部由貴さんのコラムはこちらから

 

『 ももふく 』 『 イコッカ 』 『 夏椿 』 『 スタイル ハグ ギャラリー 』 『 うつわshizen 』 『 APT#207 』 『 黄魚 』 『 空音 』 『 工芸喜頓 』 『 ペドラー 』 『 うつわPARTY 』 『 テクラ 』 『 宙 SORA 』

H.works(エイチワークス)

日常使いの器や道具を扱う。企画展も、月に1度のペースで開催。「ある日の朝ごはん」のコラム執筆は、店主の園部由貴さん。

 

東京都立川市錦町1-5-6 サンパークビル202
042-521-2721
11:00~18:30  月・火定休
http://www.h-works04.com/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ