時にはお餅がメインの朝ごはん ~エイチワークス園部由貴さん vol.5~

ある日の朝ごはん
2016.03.18

←お店の紹介はこちらから


こんにちは、器店「H.works」の園部由貴です。お店の器を使った朝ごはんをご紹介している連載の第5回。今回のテーマは、お餅の朝ごはんです。

photo&text:園部由貴 使用カメラ:OLYMPUS PEN Lite E-PL7

vol.4はこちらから

 

パンやごはんの他に、時々朝ごはんとなるのがお餅です。お正月に限らず常備をしています。

お餅は腹もちが良いと思い込んでもいるので、昼食が時間通りにとれないだろうと予想さられる日は、朝ごはんをお餅にし、空腹回避に備えます(それでももたなかったりはしていますが……)。

A0124057
焼きチーズをサンドした磯辺餅、
餅&チーズを入れた、焼きお揚げ(黒コショウがけ)、
白菜とささみのスープ、
自家製夏みかんジャムのせのヨーグルトと、苺。

餅にチーズ……カロリーは気になりつつも、やめられない組み合せになっています。

A0204043
使った器は、
お餅が、長谷川奈津さんの粉引7寸皿、
スープが、小林慎二さんのまゆ椀(赤溜め)、
ヨーグルトが、田谷直子さんの台形小鉢(きいろ)、
苺が、石田誠さんの南蛮焼締5寸皿。
クロクルミのデザートスプーンは萩原英二さん、
箸置きが大村剛さんのお品です。

焼いた土の色そのものの美しさに惹かれる無釉の焼き締め。盛り映えがするので、そこに好んでのせるのは野菜や果物など、土から生える食材をシンプルに調理したもの。自然としっくりくるのも当然かもしれませんね。

 

椀は、盛るものと量によって使うものを選んでいます。左より、つぼ椀(赤溜め)、まゆ椀、汁椀(黒)。すべて小林さんのお品です。

A0208026

今回スープを盛ったまゆ椀は、和洋問わず使える形だと思っています。あんみつなどデザートも似合います。つぼ椀は、すまし汁や抹茶オーレ、甘酒などもいいのでは。そして、たっぷりいただきたい味噌汁には、品名通りの汁椀です。

簡素な形がより塗りの美しさを際立たせています。毎日使える基本の椀に出会えました。

 

 

←vol.1「パン党ですが、時には朝からもりもりごはん!」はこちらから

←vol.2「I LOVE いろいろのせトースト!」はこちらから

←vol.3「気合いを入れて作るハード系のパンの朝ごはん」はこちらから

←vol.4「和定食みたいな朝ごはん」はこちらから

←vol.6「パンに塗るものいろいろ、の楽しみ」はこちらから

←vol.7「変型皿に助けられる朝ごはん」はこちらから

←vol.8「カレーとパンで、カレーパンの朝ごはん」はこちらから

 

←第1回「ももふく」 田辺玲子さんはこちらから

←第3回「イコッカ」 福地京子さんはこちらから

←第4回「夏椿」 恵藤文さんはこちらから

←第5回「スタイル ハグ ギャラリー」 尾関則恵さんはこちらから

←第6回「うつわshizen」 刀根弥生さんはこちらから

H.works(エイチワークス)

日常使いの器や道具を扱う。企画展も、月に1度のペースで開催。「ある日の朝ごはん」のコラム執筆は、店主の園部由貴さん。

 

東京都立川市錦町1-5-6 サンパークビル202
042-521-2721
11:00~18:30  月・火定休
http://www.h-works04.com/

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ