心も体も喜ぶ「Cold Spring Apothecary(コールドスプリング アポセカリー)」のナチュラルコスメ

今日のひとしな
2018.01.07

~ HOEK(フーク)より vol.7 ~


“ウェルネス(wellness)”という言葉、皆さんご存知ですか? 私は、このブランド「Cold Spring Apothecary(コールドスプリング アポセカリー)」に出会って初めて耳にした言葉でした。それは、60年代にアメリカで提唱された概念で、ヘルス(健康)よりも更に一歩踏み込んだもの。食事制限をするような特別なものではなく、心身の健康を目指す積極的・想像的な生活スタイルのことをいうのだそうです。

非常にいい言葉だと思いました。天然の綺麗な空気、水、安心安全の食材、アロマ……。ウェルネスの要素には、様々なものが浮かびます。ストレスフリーに、楽しみながら生活に取り込むイメージ。

top07
ただ、この分野の良し悪しの話になると、賛否両論、様々な意見があるのも事実。ですが、医学的に悪影響が証明されているものを避け、自分に合いそうなものを取り入れる、くらいのスタンスで、可能な範囲で楽しみながら実践していくことができれば、それは決して悪いことではありません。積極的に前向きに、心身の健康を目指す生活スタイル。そんな生活が送れたら、きっと毎日がより充実したものに感じられると思うのです。

そんなウェルネスのエッセンスになるようにと、願いを込められたナチュラルコスメが今日のひとしなです。

top06
さて、ナチュラルコスメブランドというと皆さんどんな印象を持ちますか?

例えば、“無添加”という言葉も国により薬事法も違いますし、基準はあいまいです。オーガニックだの無添加だのと書かれていても、蓋を開けてみたら完全ではなかったということも。専門的な知識がないと、本当の意味で自分が求めているものが中々見えにくいジャンルです。

ですので、今回ご紹介する「コールドスプリング アポセカリー」のコスメがどういうものか、理解していただきやすいように、まずは創始者であるステイシー・ダグラスという女性が、どういう思いでこのブランドを始めるに至ったかという経緯からお話しさせてください。

static1.squarespace-6
彼女は幼い頃、アメリカのキャッツキルという自然豊かな地域に住んでおり、何を買いに行くにもお店はかなり遠く、わざわざ出かけていかなければならないような環境で育ちました。

そんな中、自分の住まいの周りにある植物に興味を持ち、日に何時間もかけて野山を歩いては、珍しい植物や面白いものを探しては摘み、同じくらい長い時間をかけてそれらの植物について図鑑で調べていました。持ち帰った植物をキッチンでつぶしてみたり、混ぜてみたり、毎日の遊びはまるで科学の実験のよう。そこから感じられる香りや感触は、彼女にとって魔法のような発見であり喜びであり、癒しでした。

それが、彼女の核となっていきます。その後、大人になった彼女は、仕事のためニューヨークシティへ。彼女の生活は、キッチンでの実験を楽しんでいた日々から激変するのです。格段に便利になった生活に慣れ、歩いて数分のところに売っているコスメを使い、合わなければ変え、それも合わなければまた変え、そんなことを繰り返していました。

仕事も忙しく、気づくと肌は荒れ、髪に艶はなくなり、ずいぶんと生活はすさんでいきます。そのように幼少期の生活からは程遠い生活を送っていた彼女でしたが、時計の針を巻き戻すかのように、心身ともに健康だった時の自分が何を使い、何を食していたかを思い出していくのです。そうして行き着いた先が、幼少期のキッチンでの実験でした。

CSA_japanMedia_+-+40
便利さの裏側にある落とし穴に気づかないまま、何年もの時を過ごした彼女でしたが、周りには同じ悩みを抱えた友人も多く、最初は自分自身と、ごく少数の友人のためにコスメを手作りしていました。

評判は上々でした。友人や家族からの後押しもあり、何より彼女自身、あの幼少期の実験室に戻れたかのような感覚が心地よく、これをライフワークにすることに決めたのです。仕事を辞め、コールドスプリングという都会から少し離れた自然豊かな街へ移り住み、2年間そこにこもった彼女は、何かを取り戻すかのように実験に没頭していきます。

そうして、満を辞して2010年、「コールドスプリング アポセカリー」は誕生したのです。ステイシーの思いは強く、何より今までの人生を通し実体験した経緯がありますから、そこに妥協はありません。大量生産される商品には当たり前に使用されている化学物質も、「コールドスプリング アポセカリー」では自然由来の成分で全てまかなわれています。厳選された良質な原材料を使い、手間暇かけて作られているため、多少値は張りますが、それ以上に価値のあるものなのです。

static1.squarespace-2
ちなみに、このステイシーの経験は、私自身にも近しいものがありました。私も幼少期、両親の仕事の都合で、長崎県の対馬という小さな離島で6年間生活していたんです。町には信号機が一つしかなく、ライフラインも最低限。テレビは映りますが、2チャンネルだけ(笑)。本当に何もない田舎でした。

その代わり、自然は豊かです。毎日の遊び場は必然的に山や海の大自然。海には色とりどりの魚が泳ぎ、山道をいけば野生のクジャクに遭遇します! 今考えると、そこまでの大自然の中でのびのびと過ごせたことは、非常にウェルネスな体験でした。

時を経て、私は進学のため東京へ移ります。若い頃の経験はもちろん意味のあるものでしたが、実家を出た後の暮らしぶりというのは、徐々に不健康なものに変わっていきます。東京は便利な大都会です。食事はファストフードも多くなっていきましたし、楽しい選択肢が山のようにあります。仕事が始まると、朝から晩まで忙しい日々。不規則な生活を送るようになっていました。もちろん、環境に関係なく健康的に過ごされている方も多くいらっしゃると思います。しかし私はこのありさまで、結果、体を壊すに至りました。

その後、縁があり、水も空気も綺麗な軽井沢も近い長野県の街に移住することになります。心身ともに健やかな毎日でした。それはまるで生き返ったかのようでした。だからこそ、このステイシーの体験は、手に取るように共感するものがありました。今は再び東京に戻っているわけですが、もうすっかり心身ともに健康な毎日を送っています。ウェルネスな選択をすることは、私の生活を豊かにしてくれたんです。

static1.squarespace-7
現代社会、仕事に子育てに忙しいですよね。そんなライフスタイルの中でも、「コールドスプリング アポセカリー」は心身ともにウェルネスのエッセンスになってくれる心強いアイテムなんです。ラインナップは、シャンプーやコンディショナー、ボディソープからキャンドル、ルームフレグランスなどと幅広くありますが、薬事法の関係もあり、日本でご紹介出来るのはその中でも一部。しかし、どれも本当に素晴らしい商品です。

ボディクリームやルームスプレー、キャンドルは、天然のアロマなどから作られる香りですので、体も心も喜ぶ本物の癒しを味わえます。安心安全な成分のみで作られたシャンプーやコンディショナーは、少ない量で髪を健康的にしてくれます。

static1.squarespace-9
個人的に特におすすめなのが、「ワックスポマード」というヘアケア商品。これは一般的なポマードのようにセット力は強くはありませんが、髪をまとめる際、後れ毛を抑えるのに大活躍、ツヤも出てしかもそれが栄養になってくれるんですね。整髪料特有のベタつきも少なく、シャンプーの時にべたっとした質感が残ってしまうということもありません。これを使い始めてから、パサパサの髪の毛がどんどんコシを取り戻していきました。

「コールドスプリング アポセカリー」では、厳選した薬草やハーブなど、安心できる高品質な原材料を贅沢に使用し、人の手により一点一点小ロット製造されています。人にも環境にも優しい処方を大切にし、一般的な商品に使われるホルムアルデヒド・鉛・砒素はもちろんのこと、化学的な防腐剤及び酸化防止剤も含みません。全てのお客様に、最も安全な原材料のみで作られた製品をお届けすることを約束しているのです。

「Cold Spring Apothecary」

 

←お店の紹介はこちらから

HOEK(フーク)

ヴィンテージ、プロダクトデザイン、ハンドクラフトなど様々な分野から、食器、インテリア雑貨、日用品、オブジェ、キッズアイテム、ファッションなどジャンルレスに紹介。「今日のひとしな」の執筆は、主に大井美代さん。ときどき大井智史さんも登場。

 

東京都渋谷区神宮前5-12-10 鈴木マンション406
TEL:03-6805-0146
営業時間:12:00~19:00
定休日:水、木曜
http://www.hoek.jp
最新情報はInstagram「@hoek_shop」にて

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ