大迫友紀さんのガラスの器 ~メゾン エ トラヴァイユより~ vol.17

今日のひとしな
2016.03.17

←お店の紹介はこちらから

 

何度見ても、ため息が出るほど美しいガラスの器。金沢を拠点に活動をされているガラス作家・大迫友紀さんの作品です。

s-0001

大迫さんの作品はどこか「冬」を連想させます。曇っているけれど、光が差し込むような暖かさのある風景。

こういったイメージは、その技法によるように思います。本来は透明であるガラス。そのガラスを全体に研磨し“磨りガラス”のように仕上げ、内側からカットして模様をつけています。

 

ダイヤガラスのタンブラーとおちょこは、表面に丸型のカットを連ねることによって美しいダイヤ模様を描いています。仕上げに口部を焼くことによって、そこが透明になり質感もなめらかに。マットな底部から美しいグラデーションを生み出しています。

このひんやりとした見た目、飲みたいのはやはりお酒。しっかりとした味わいの中に華やかさを感じるような純米吟醸や、香りを楽しむような芋焼酎をロックで楽しみたいですね。つぶつぶの模様のグラスは「雨音グラス」。こちらはお酒ではなく、冷たい緑茶を入れたくなります。

s-0000

ダイヤグラス(タンブラー 小)¥4,800円+tax / ダイヤグラス(おちょこ)¥4,200円+tax

雨音グラス¥3,600円+tax 

 

お皿も見た目がひんやりとしているので、生ウニや鯛のカルパッチョなどを新鮮な魚介を盛り付けたくなります。夏は和菓子でもすごく雰囲気が出そう。「はつふゆ」という名のお皿です。

s-0002

“はつふゆ” 各¥9,000円+tax

 

食とうつわの大事さを改めて感じる大迫友紀さんのガラス作品。このうつわに負けないぐらい、料理の腕前も上げていきたいところです。

MAISON ET TRAVAIL(メゾン エ トラヴァイユ)

「家」と「仕事」をテーマに、この先ずっと使えるもの、大切にしていきたいものをセレクトしたライフスタイルショップ。古い郵便局を改装した雰囲気のある空間に、雑貨や器、道具が並ぶ。デイリー連載「今日のひとしな」のコラム執筆は、オーナーの谷 奈穂さん。

 

神戸市中央区山本通3-8-1ポルトビル1階

TEL:078-891-3215

12:00~18:30 水曜定休

http://www.maison-travail.info

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ