お正月明け、ワンプレートの朝ごはん

器店主の朝ごはん
2018.01.14

「うつわ 大福」平安名康美さん vol.2


連載2回目、お正月に和食が続いたので、今日は洋風の朝食にしてみました。

1
オリーブのパンとスクランブルエッグ、ロングソーセージ、付け合わせのサラダをワンプレートに。かぼちゃのポタージュスープはマグカップに入れました。デザートはキウイフルーツ。グラスの中は、ちょっと体を気遣って豆乳青汁です。

大きなお皿は、人気作家・徳永遊心さんの、みかんの俵型皿。今は作っていないアイテムで、スタッフが大事に使っている貴重なものです。そのほかの小さな食器たちもみんなお気に入りのものばかり。今日はそんな名脇役をご紹介します。

2
●グラス
台に入った気泡がキラキラときれいなグラス。お店では何度も追加生産をお願している人気者なんです。

●3寸鉢、豆皿
京都「トキノハ」のもので、3寸鉢はちょっとしたデザートなどに、豆皿は薬味を並べるときなどに重宝しています。黄釉、青釉、白釉があり、今日の朝ごはんでキウイフルーツを盛ったのは、3寸鉢の黄釉です。

●ブナのカトラリー
木のぬくもりが感じられるカトラリーは使いやすく、食器との相性もよいのが気に入っています。

●ファブリック
「うつわ大福」の中で唯一の海外モノ、インド綿のランチョンマットです。洗いざらしでパンパンと干してアイロンもかけずに使っています。

 

←お店の紹介はこちらから
→その他の「うつわ 大福」の記事はこちらから

 

『 ももふく 』 『 H.works 』 『 イコッカ 』 『 夏椿 』 『 スタイル ハグ ギャラリー 』 『 うつわshizen 』 『 APT#207 』 『 黄魚 』 『 空音 』 『 工芸喜頓 』 『 ペドラー 』 『 うつわPARTY 』 『 テクラ 』 『 宙 SORA 』 『 MISHIM POTTERY CREATION 』 『 黄色い鳥器店 』 『 神楽坂 暮らす。 』 『 器moto 』 『 fragile 』 『さんのはち』 『 うつわと雑貨Lino 』 『 ボクノワタシノ 』 『 mist∞ 』

うつわ 大福

表参道と外苑前の間にある、雑貨屋さんのような器店。色絵や染付の磁器、風合いのある陶器など、普段使いの器を揃える店。「器店主の ある日の朝ごはん」コラムの執筆は、店主の平安名康美さん。

 

東京都港区南青山3-8-5 デルックス南青山1F
TEL:03-6326-7482
営業時間:11:00~19:00
定休日:火曜
http://www.utsuwa-daifuku.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ