テイクアウトのキッシュとパンで朝ごはん

器店主の朝ごはん
2018.01.21

「うつわ 大福」平安名康美さん vol.3

 

連載3回目、ここ数日は寒くてついつい寝坊しがち、なので朝食を作る余裕がなく……。昨日は、朝食用に近所にある人気のパン屋さんで、キッシュとパンを買ってきちゃいました。美味しそう! でも、これだけではビタミン不足かなと、お惣菜コーナーでサラダを追加。あとは、コーヒーとキウイフルーツです。

kurashi1
お店で買ってきたものばかりでも、好きなお皿にのせるだけで、わくわくした気持ちで朝ごはんを楽しめます。ちなみに、わが家のカトラリーはすべて木製。なんといっても口当たりがいいのです。今日は丸みのある竹製のものを選びました。

kurashi1-1
使ったお皿はこちら。左下から反時計まわりに
●7寸皿、4寸鉢
横井佳乃さんの藍鉄アザミ唐草シリーズ。渋めの色の模様が、食材の色を引き立ててくれます。全面に柄が入っているので、盛りつけるものが多くても少なくても、カッコがつくのです。夕食のパスタなどで使うことも多いうつわです。

●色絵柚子マグ
高祥吾さん作。大きな柚子がインパクト有りですね。たっぷり入るサイズのマグは、コーヒーのほかスープなどにも使えてとても便利。

●ぐいのみ
ガラス(モールド)の器は、実はぐいのみ。もちろん作家さんの手作りです。ひとつひとつ違っていて、愛着がわきます。ドレッシングやディップを入れるのに重宝していますが、もちろん夜の晩酌にも使っていますよ。

●しのぎ朝顔鉢(小)
すっきりとした形、マットな風合いが人気のシリーズです。シリアルの朝ごはんにもぴったりですし、煮物だったり和洋中なんでも活躍してくれるすぐれもの。陶器ですが、電子レンジでちょっと温めなんてこともOK! そんなところも使いやすさのポイントです。

●ファブリック
インド綿のランチョンマット。ついつい買ってしまうランチョンは、その日の気分で使い分けています。同じお皿でもランチョンが変わるだけで雰囲気も変わるので、日々飽きずに食卓を楽しむには必須アイテムです。

 

←お店の紹介はこちらから
→その他の「うつわ 大福」の記事はこちらから

 

『 ももふく 』 『 H.works 』 『 イコッカ 』 『 夏椿 』 『 スタイル ハグ ギャラリー 』 『 うつわshizen 』 『 APT#207 』 『 黄魚 』 『 空音 』 『 工芸喜頓 』 『 ペドラー 』 『 うつわPARTY 』 『 テクラ 』 『 宙 SORA 』 『 MISHIM POTTERY CREATION 』 『 黄色い鳥器店 』 『 神楽坂 暮らす。 』 『 器moto 』 『 fragile 』 『さんのはち』 『 うつわと雑貨Lino 』 『 ボクノワタシノ 』 『 mist∞ 』

うつわ 大福

表参道と外苑前の間にある、雑貨屋さんのような器店。色絵や染付の磁器、風合いのある陶器など、普段使いの器を揃える店。「器店主の ある日の朝ごはん」コラムの執筆は、店主の平安名康美さん。

 

東京都港区南青山3-8-5 デルックス南青山1F
TEL:03-6326-7482
営業時間:11:00~19:00
定休日:火曜
http://www.utsuwa-daifuku.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ