365日、気持ちよく使いたい「fog」のベッドリネン

今日のひとしな
2018.03.11

~ fog linen work(フォグリネンワーク)より vol.11 ~


こんにちは、「fog linen work」関根由美子です。
今日ご紹介させていただくのは、リネン100%の生地で仕立てた「ベッドリネンシリーズ」

1
リネンの仕事をしていて本当によかったと思えるのは、実はこのベッドシーツに包まれて眠る時。とっても気持ちがいいのですよ! うちの猫・ゴバンも、このように随分お気に入りの様子。

Print
「fog」のベッドリネンは、ホワイトとナチュラルの2色展開です。ホワイトは、天然の麻の繊維を弱めに漂白したオフホワイト。ナチュラルは、収穫した麻の繊維そのままの色なので、その時々で色合いが変わります。お天気が良く、日照時間が長かった年は生地も濃いめで、日照時間が短かった年は薄めの色になるんです。

そんなわけで、タイミングによっては、ピローケースとお布団カバーの色合いがピタリとマッチしないということもありますが、使って洗っているうちにどんどん馴染んでくるので、あまりその差は気にならなくなると思います。

ナチュラルの生地のいいところは、漂白や染色をしていない分、生地そのものに天然繊維の香りが残っていて、日の当たる場所に置かれた麦わらのような、なんともいえないいい香りがするのです。わたしにとってはその香りが安眠・リラックス効果にも。

Print
ホワイトはホワイトで清潔感があり、洗い立てをベッドにセットすると、部屋の中が凛とするような、気持ちの良さがあります。

ベッドリネンはセットで買うと、それなりの金額に思えるかもしれないのですが、洋服や靴と比べてみるとどうでしょう? 洋服や靴は365日、毎日同じものは身につけませんが、ベッドリネンは毎日同じものを使います。そしてリネン素材は丈夫なので、とっても長持ちするのです。そう考えると、価格もリーズナブルに感じそう。まだお試しいただいていない方は、まずは是非ピローケースからお試しを! 気持ちの良さを実感していただけると思います。

4
ちなみにうちでは、カーテンにリネンのシーツを使っています(この上のベッドルームの写真にも写っています)。小さな窓には、長く使って薄くなってしまったシーツを四角く切って、縫い合わせたものを掛けました。また、カーテンレールがある窓では、シーツの上をカーテンクリップで挟んだだけの簡単なカーテンを使っています。


←お店の紹介はこちらから

fog linen work(フォグリネンワーク)

シンプルなデザインのキッチンリネンやベッドリネン、ウェアなど、普段使いのリネン製品、インドで作るオリジナル雑貨、世界で見つけたアクセサリーなどを扱う。「今日のひとしな」の執筆はオーナーの関根由美子さん、プレスの粕谷斗紀さんをはじめ、スタッフ全員が交代で担当。

 

東京都世田谷区代田5-35-1 1F
TEL:03-5432-5610
営業時間:12:00~18:00
定休日:土日祝
http://www.foglinenwork.com/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ