「できること」をかたちに しょうぶ学園 脚付き鉢

今日のひとしな
2018.04.07

~ 「群言堂」 vol.7 ~


小さなお皿に3つの脚。ここまでは同じだけど、一つとして同じものがない唯一無二の小さな器。こんなに小さいのに自然と目がいく愛嬌のあるたたずまい。どうやって一つ一つこんなかたちが作れるのだろう。

s-hitoshina_0407_01t2

この器が作られているのは、鹿児島県にある障がい者支援センター「しょうぶ学園」。この場所を訪れてみると、そこにはのびのびとした開放的な空間がありました。

s-hitoshina_0407_02

施設内には障がいのある利用者と職員が協力して営業しているパン工房、パスタカフェ、蕎麦屋があります。どれも美味しく、ここでのお食事を楽しみに一般の方も多く訪れます。

s-hitoshina_0407_03

工房の中に入ると皆さんリラックスされた穏やかな様子で、それぞれが違う作業をされています。しょうぶ学園のものづくりは、「利用者の皆さんの生活をいいものにしたい。」その思いからはじまりました。

s-hitoshina_0407_04

社会に馴染む訓練が一般的だった福祉施設のやり方とは全く逆。
その人に合わせて「できること」をみつけて「できること」を伸ばしていく。その取り組みの結果がものづくり、アート&クラフトになっていったとのこと。

s-hitoshina_0407_05

結果や評価などという概念のない、今この瞬間のストレートな思いを込めた、あこがれのものづくりがそこにありました。
現在のしょうぶ学園は、布 木 土 和紙 食 農園とつくりだすものは多彩。「群言堂 石見銀山本店」では布の作品ヌイ・プロジェクトを中心に、「しょうぶ学園展 NO FEELING / NO HEART = NO DESIGN 」を2018年7月7日(土)から9月4日(火)会期で予定しております。夏休みのお出かけの予定に入れてみませんか?

s-hitoshina_0407_06


担当:ホソヤマ


←お店の紹介はこちらから

群言堂

株式会社 石見銀山生活文化研究所が展開する衣料品・生活雑貨ブランド。 古きよきものから本質を学び、時代に合った新しいものを創る ──「復古創新」をテーマに古民家を再生した本店には、服や生活雑貨を扱うショップのほか、ギャラリーやカフェも併設。「今日のひとしな」は、スタッフの皆さんがリレー形式で執筆。
https://www.gungendo.co.jp/

 

群言堂 石見銀山本店
TEL:0854-89-0077
島根県大田市大森町ハ183
営業時間:10:00~18:00
定休日:祝日を除く水曜日、年末年始および臨時休あり

 

群言堂 丸の内店
TEL:03-6206-3432
東京都千代田区丸の内2-7-2
JPタワーKITTE丸の内 2F
営業時間:11:00~21:00 日・祝11:00~20:00(祝日前は21:00)

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ