時間に余裕のある朝のオムライス

器店主の朝ごはん
2018.04.08

こんにちは。神奈川県の中央林間という町で、自宅の一角に作った小さな北欧雑貨店「まいにち北欧道具」を営んでいる川上祐子です。4月の朝ごはんコラムを担当します。どうぞよろしくお願いします。

 

我が家の朝ごはんは、特別これといったパターンが決まっていません。お米食を強く希望する息子、なんでもいいと言いつつ苦手なものが多い夫の意見を受け流し、すべては作る人(主に私)の気分次第。いえ、アイデア次第。冷蔵庫の中身、時間的な余裕のあるなし、前日の夜ごはんなどを考慮して決めています。

 

s-1_1

オムライスとサラダ

プレーンヨーグルト+ブルーベリー

イチゴ

 

時間に余裕のある朝は、オムライスが登場。見た目がシンプルで明るい色の卵料理の時は、濃紺のディナー皿に合わせます。つやのある濃いブルーのお皿は、ふつうのおかずをちょっぴりゴージャスに見せてくれます。

 

s-1_2

オムライスの中のライスは市販のトマトソースで味つけた鶏肉と冷凍保存していたごはん。添えるサラダは、茹でてストックしてあるブロッコリーと切らなくていい野菜で手間いらずです。ヨーグルトとフルーツは毎朝欠かさず食べるようにしています。

 

s-1_3

オムライスをのせたディナー皿は、フィンランドのARABIA(アラビア)社のヴィンテージ。フリーハンドで自由に花や丸モチーフが描かれた大人っぽいデザインのお皿です。イチゴを入れたガラスの小さなドームは、スウェーデンの古いもの。チーズやフルーツなど乾燥させたくないものを盛る時に使います。

 

s-1_4

カトラリーレスト(フォークやナイフ置き)もARABIA(アラビア)社のもの。お皿と違うデザイナーですが、色も雰囲気も似ているので合わせて使っています。フォークとナイフは、木製のハンドルとステンレスの組み合わせのデンマーク製。木の部分がとてもなめらかで厚みもほどよく握りやすいんです。

 

s-1_5

ヨーグルトを入れた蕎麦猪口と韓国で見つけた古い真鍮のスプーン。真鍮のカトラリーが加わるだけで、雰囲気がぐっと変わる気がします。

パッと目を引く北欧の器と、シンプルで落ちついた和の器を組み合わせながら、忙しい朝のごはん作りも楽しんでいます。


→その他の「まいにち北欧道具」の記事はこちらから

『 ももふく 』 『 H.works 』 『 イコッカ 』 『 夏椿 』 『 スタイル ハグ ギャラリー 』 『 うつわshizen 』 『 APT#207 』 『 黄魚 』 『 空音 』 『 工芸喜頓 』 『 ペドラー 』 『 うつわPARTY 』 『 テクラ 』 『 宙 SORA 』 『 MISHIM POTTERY CREATION 』 『 黄色い鳥器店 』 『 神楽坂 暮らす。 』 『 器moto 』 『 fragile 』 『 さんのはち 』 『 うつわと雑貨Lino 』 『 ボクノワタシノ 』 『 mist∞ 』 『 うつわ 大福 』 『 うつわsousou 』 『 うつわ 大福 』 『 KOHORO 』

まいにち北欧道具
神奈川県大和市中央林間西4-7-18

小田急線・東急田園都市線中央林間駅から徒歩10分

北欧のヴィンテージ食器と雑貨、日本の作家ものの器を扱う。

TEL 046-206-5772 日曜・月曜定休 13-17時

http://www.tabicafe.com

shop@tabicafe.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ