加藤祥孝さんの器 ~メゾン エ トラヴァイユより~ vol.27

今日のひとしな
2016.03.27

←お店の紹介はこちらから

 

岐阜県で作陶されている加藤祥孝さんの作品といえば、輪花の器。粉引きによって生み出される、温かみのある柔らかい風合いや優しい色合いが特徴です。

s-0002

粉引8寸輪花皿 ¥5,200円+tax

粉引きは、もととなる素地の上に、化粧土となる白い土を掛けて作られます。化粧土の上から釉薬をかけ3層になり、独特の柔らかな雰囲気が生まれます。その粉引きの技法と、口縁部に規則的な切込みを入れ、とがった部分をなくした輪花という形が、見事に融合しています。どんなお料理でも美味しく見せてくれそうな安心感のある器です。

 

同じく粉引き輪花の小鉢。何を盛り付けても絵になりそう。春先にぴったりの器です。

s-0001

粉引き3.5寸輪花鉢 ¥1,800+tax

 

こちらはシルエットが印象的なマグカップ。表面を削って凹凸を作る「しのぎ」の技法を使って作られています。黒いほうは鉄釉(黒土に鉄分の多い黒釉)が使われていて、質感はマットで炭のような発色。同じデザインですが、粉引きとは対照的な質感です。炭黒のような風合いは、シックで食卓に並べた時にアクセントになります。安定したかたちのマグなので、朝食のスープやシリアルにも使いやすいですよ。

s-0000

しのぎマグカップ ¥3,000+tax

 

「白」と「黒」という言葉だけでは表現できない、深い色合いや質感を楽しめる加藤祥孝さんの器です。

MAISON ET TRAVAIL(メゾン エ トラヴァイユ)

「家」と「仕事」をテーマに、この先ずっと使えるもの、大切にしていきたいものをセレクトしたライフスタイルショップ。古い郵便局を改装した雰囲気のある空間に、雑貨や器、道具が並ぶ。デイリー連載「今日のひとしな」のコラム執筆は、オーナーの谷 奈穂さん。

 

神戸市中央区山本通3-8-1 ポルトビル 1階

TEL:078-891-3215

12:00~18:30 水曜定休

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ