いつものトースト ~「イコッカ」福地京子さんvol.1

ある日の朝ごはん
2016.04.03

東京・恵比寿でうつわや雑貨を扱う店「Ékoca」を営んでいる福地京子です。週1回の更新で4月の連載を担当させて頂きます。どうぞよろしくお願いします。

photo&text:福地京子 使用カメラ:OLYMPUS PEN Lite E-PL7

 

 

さて、我が家の朝ごはんは、ほぼ毎日パン食です。お昼はお弁当を持っていくのでごはん、夜もごはんなので、朝はパンがほとんど。毎朝、起きてすぐに近所の公園のラジオ体操に行くのが日課で、帰ってからの朝ごはん。運動してお腹もすいて朝ごはんが一層美味しく、朝からモリモリ頂きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

使った器はこちら。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

美味しいパン屋さんのパンも大好きですが、普段は4枚切り食パンのトーストを。喫茶店で食べるバターがのった厚切りトーストがイメージです。 厚切りトーストが少しでも美味しく食べられるように焼き方も工夫しています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トースト用の焼き網を使ったり、鉄製のフライパンで焼いたり、グリルで焼いたり・・・食パンに霧吹きをしてから焼くと、ふわっとしっとり焼けるので、ひと手間をかかしません。

 

朝のトーストに欠かせないお皿は、木工作家の江籠正樹さんの手削りのお皿。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

オイル仕上げの山桜の木のパン皿です。オイル仕上げのものは焼きたてのパンから出る蒸気を木肌が吸ってくれる効果もあり、お皿が汗をかいたりしません。オイル仕上げのものは、たまにお手入れをしながら育てていく楽しさも。

 

この日は、大正生まれのハイカラだった祖母が作ってくれた思い出のスープ、キャベツとコンビーフのスープと一緒に。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

丸ごとのキャベツを5~6等分し、お水とコンビーフの缶詰を入れ、コトコトと煮るだけ。味を見て、塩やコンソメなどで味を整え、最後に黒コショウを。コンビーフのうま味とキャベツの甘味でくたっとしたキャベツがたくさん食べられます。キャベツが旬になると作ります。

スープを盛ったうつわは我が家では珍しい柄物。くまがいのぞみさんの器です。今まであまり柄の入ったうつわを選んだことがありませんでしたが、柄がアクセントになりながらもお料理を盛ると色や柄が馴染み、より美味しそうに見せてくれます。うつわの内側のカーブとスプーンがうまく沿って、最後まできれいにすくえるところも嬉しいです。スープ以外にも煮物を盛ったり、サラダを盛ったり。全面に描かれた手書きの水玉が優しい気持ちにさせてくれます。

毎朝コーヒーも必ず淹れます。コーヒーカップは磁器のもの。たっぷりと入って、口のフチが薄手のものが好みです。一年のうちで一番多い、我が家の朝ごはんスタイルは厚切りパンとコーヒーがメインの朝ごはんです。

 

 

←vol.1「いつものトースト」はこちらから

←vol.2「心と体のリセット朝ごはん」はこちらから

←vol.3「ちょっとおしゃれなヘルシー朝ごはん」はこちらから

←vol.4「お休みの日の朝ごはん」はこちらから

 

←第1回「ももふく」 田辺玲子さんはこちらから

←第2回「H.works」 園部由貴さんはこちらから

←第4回「夏椿」 恵藤文さんはこちらから

←第5回「スタイル ハグ ギャラリー」 尾関則恵さんはこちらから

←第6回「うつわshizen」 刀根弥生さんはこちらから

Ékoca(イコッカ)
東京都渋谷区恵比寿南1-21-18 圓山ビル2F

 

日本各地の作り手の生活道具を中心に扱う。陶磁器・ガラス・木・漆・金属などの素材を使った生活道具や 布・革・織りなどのbagや小物、竹やあけびのかごなど暮らしが楽しくなるようなものがたくさん。「ある日の朝ごはん」コラム執筆は、店主の福地京子さん。

tel:03-5721-6676

営業時間:12:00~19:00 

日曜、第2・第3月曜定休(祝日は営業)※詳細はHPで確認を

http://www.ekoca.com

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ