食後の美味しい一杯のための朝ごはん

器店主の朝ごはん
2018.06.24

「archipelago(アーキペラゴ)」上林絵里奈さんvol.4

 

←vol.3はこちらから

 

photo&text:上林絵里奈

 

朝は挽きたての珈琲を飲むのが大好きです。今日も1日頑張ろうと気合いが入るのです。そんな珈琲を美味しく味わうために朝ごはんのメニューを決めるときもあります。

 

s-蜀咏悄4-1

カンパーニュ、サラダ、野菜スープ、バナナジュース

 

s-蜀咏悄4-1-1

川端健夫さんの木皿

手の跡残る、おおらかな木皿にパンをのせてそれぞれ取ります。パンは京丹後にある石窯で素材にこだわってパンを焼く弥栄窯のパン。

 

s-蜀咏悄4-2

s-蜀咏悄4-3

パンをのせたのは、郡司庸久さんの6寸皿。

「archipelago (アーキペラゴ)」オリジナルの兵庫県安富産の柚子を使ったジャムは、ほどよい酸味でパンによく合います。

 

s-蜀咏悄4-4

尾形アツシさんの白磁のボウル

さっぱりとした甘夏とレタスのサラダはこの季節ならではです。

 

s-蜀咏悄4-5

中本純也さんのボウル

縁が丸く手のひらにやさしくおさまるボウル。深さがありとても気に入っています。キャベツや人参、玉ねぎ、かぼちゃなど家にある野菜をたくさん煮込んだ栄養いっぱいの“食べる”スープ。野菜嫌いの娘もスープにするとパクパク食べてくれます。

 

s-蜀咏悄4-6jpg

小澄正雄さんのグラス

バナナジュースは子供も大好きなのでよく作ります。

 

s-蜀咏悄4-7

s-蜀咏悄4-8

s-蜀咏悄4-9

s-蜀咏悄4-10

食後の至福の一杯。ネルと郡司庸久さんのピッチャーを使って淹れます。珈琲豆は「archipelago(アーキペラゴ)」の近くで、自ら竹炭を作り炭火焙煎をしている「DNFCOFFEE STUDIO」のもの。いつも焙煎したての豆を届けて下さるので鮮度も高く美味しい。毎日のように飲んでいます。珈琲豆は蠣﨑マコトさんのガラスに入れて保存を。マグは中本純也さんの白い磁器のもの。気分によっていろんなマグを使いますが、中本さんのマグが今一番のお気に入りです。

 

6月の朝ごはんコラム、お読みいただいてありがとうございました!

archipelago (アーキペラゴ)
兵庫県篠山市古市193ー1

R福知山線古市駅より徒歩1分。

自分たち暮らしに取り入れ、信頼のおける作家さんの器を中心に扱っています。

TEL:079-595-1071  火・水・木 休

http://archipelago.me/

info@archipelago.me

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ