簡単どんぶりの朝ごはん

器店主の朝ごはん
2018.07.22

「ヒメミズキ」小笹教恵さんvol.4


新潟市で「ヒメミズキ」という器の店を営んでおります、小笹教恵と申します。連載4回目は、簡単どんぶりの朝ごはんです。

15

今日のメニューは、しらす丼 鶏団子スープ 薬味たっぷり冷奴 セロリのお漬物です。

16

前日の夜に食材を切って用意しておき、朝は盛り付けるだけ。鶏団子スープも昨晩のうちに作っておきました。

17

何を盛り付けても様になる 二階堂明弘さんの器。

器でごまかす私の料理には欠かせない存在です。陶器とは思えない程の薄さが特徴で、美しいけれど繊細なうつわです。
忙しい朝には、もしかしたら向いていないのかもしれませんね。ですが、私はあえて使うようにしています。繊細な器を日常で使うようになってから、あれほど落ち着きのなかった私が、落ち着いていると言われるようになったからです。年齢を重ねたからなのかもしれませんが、私は器のおかげだと思っています。

割れてしまうから使わないのではなく、割れないように気をつけて使う。ほんの少しだけ丁寧に。その毎日の小さな積み重ねが大切だと感じています。

18
19
20
【今日の器】
・二階堂明弘さんの錆器6.5寸鉢(しらす丼)
・川口武亮さんの灰釉粉引4.5寸鉢(スープ)
・藤田佳三さんの紅安南小鉢(冷奴)
・関口憲孝さんの黄釉小皿(漬物)
・阿部春弥さんの箸置き
・村上躍さんのポット
・花岡隆さんの湯呑み


←お店の紹介はこちらから

←その他の「ヒメミズキ」の記事はこちらから

ヒメミズキ

新潟県新潟市中央区古町通2番町528
TEL:025-201-9252
営業時間:11:00~18:00
定休日:火曜
http://himemizuki.com
オンラインショップ http://himemizuki.shop-pro.jp/
Instagram「@himemizuki

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ