かごバッグは夏コーデの必需品!

今日のひとしな
2018.07.10

~特別編 vol.10~

7月は、これまでの「今日のひとしな」から選りすぐりのアイテムを、毎日テーマを変えてご紹介する特別編でお届けしています。

最近は、季節を問わずコーディネートに取り入れているおしゃれさんも多い、かごバッグ。でもやっぱり、夏との相性はバツグン。大きさや素材、デザインによって全く違う顔を見せてくれるので、着こなしに合わせていくつか揃えておきたいところですよね。リネン素材などのように、使えば使うほど味が出てくるのも魅力です。インテリアとして使ってみたり、旅バッグとして使ってみたりと、様々な場面で活躍させてくださいね。

 

0000kiji
↑~ MIGO LABO(ミゴラボ)より ~
荷物が多くても安心。竹のかごバック


0001kiji
↑~ copse(コプス)より ~
手に入りにくくなってきた筒井幸彦さんの山ぶどうかご


0002kiji
↑~ designshop(デザインショップ)より ~
かご好きなバイヤーが“一番使える”と太鼓判を押す「市場かご」


0003kiji
↑~ MIGO LABO(ミゴラボ)より ~
ストールの収納に便利。い草のかご


0004kiji
↑~メゾン エ トラヴァイユより ~
太いリボンテープが印象的な「muun(ムーニュ)」のカゴバッグ

 

0005kiji
↑~ copse(コプス)より ~

紅籐と帆布の組み合わせが人気の「ardem su o(アーデムスーオー)」のかごバッグ

 

0006kiji
↑~ MIGO LABO(ミゴラボ)より ~

同じ色の組み合わせはないメキシコ「チチネオ」のカゴバッグ

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ