普段使いに便利で、お土産にもなるふきん

今日のひとしな
2018.07.18

~特別編 vol.18~

7月は、これまでの「今日のひとしな」から選りすぐりのアイテムを、毎日テーマを変えてご紹介する特別編でお届けしています。

普段の生活の中で、無くては困る「ふきん」。そんな生活に根差した道具だからこそ、柄や素材にこだわってみるのはいかがですか? ふきんを変えるだけで、後片づけもウキウキ気分でできそうです。お土産用として作られたご当地ならではのものや、ちょっと珍しい素材が使われているものなど、種類は様々。いくつも欲しくなってしまいそうですね。自宅用のストックとして揃えておくのもいいですが、お手頃価格なので、ちょっとしたお土産用としてもオススメですよ。

 

1 (3)
↑~in-kyo(インキョ)より~
日本超ロングセラー「白雪ふきん」


kyou18-2
↑~グリスーリより~
台拭きの定番。色がきれいな蚊帳のふきん


kyou18-3
↑~ musubi(むすび)より ~
凸凹の布「朝光テープ」の「びわこふきん」


kyou18-4
↑~ 日本市より ~
旅の記憶を呼び覚ましてくれる、ご当地ふきん


kyou18-5
↑~ 遊 中川より ~
「夏の小紋」のふきん

 

1 (6)
↑~in-kyo(インキョ)より ~

グラスみがきクロス・ミクロスター(木村硝子店)

 

kyou18-7
↑~itonowa Life(イトノワ ライフ)より ~

スウェーデン「Vaxbo Lin(ヴァクスボ リン)」のディッシュクロス

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ