余計なものが入っていない石鹸

今日のひとしな
2018.07.19

~特別編 vol.19~

7月は、これまでの「今日のひとしな」から選りすぐりのアイテムを、毎日テーマを変えてご紹介する特別編でお届けしています。

天然由来の成分だけで作られた石鹸は、それだけで安心感がありますよね。今回ご紹介するのは、そんな、余計なものが入っていないナチュラルな石鹸ばかり。どれもやさしい使い心地とおだやかな香りで、洗顔やバスタイムがちょっぴり贅沢な時間になりそうです。それぞれのブランドごとに、こだわりが詰め込まれているので、自分に合ったひとしなを、じっくり見つけてくださいね。


kyou19-5
↑~「OEUVRE(ウーヴル)」より ~
元・薬剤師が作った「MATIN et ETOILE(マタン エ エトアル)」の 石けん

 

kyou19-1
↑~store room(ストアルーム)より~
「マニマック ソープ」は深呼吸したくなるやわらかな香り


kyou19-2
↑~ soleil(ソレイユ)より ~

お肌の弱い方にもおすすめ「CLAYD(クレイド)」の石鹸


kyou19-3
↑~ FESTINA LENTE(フェスティーナ レンテ)より ~
1887年創業。ポルトガルからやってきた「CLAUS PORTO(クラウス ポルト)」のラグジュアリーソープ


kyou19-4
↑~ FESTINA LENTE(フェスティーナ レンテ)より ~
「LE BAIGNEUR (ル ベヌール)※仏語でお風呂に入る、入浴する人の意」のオーガニックソープ

 

kyou19-7
↑~itonowa Life(イトノワ ライフ)より ~

自然の原料で作られたモロッコ「shukran(シュクラン)」の石鹸

 

kyou19-8
↑~メゾン エ トラヴァイユより ~

1回分の使い切りサイズがかわいい「旅する石鹸」

 

kyou19-6
↑~レクトホールより ~
オリーブオイルと精油で作られた「MATIN et ETOILE(マタン エ エトアル)」の石鹸

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ