木工作家・堀宏治さんのくるみのトレイ

今日のひとしな
2018.09.13

~ MIGO LABO(ミゴラボ)より 特別編 vol.4 ~

9月の「今日のひとしな」は特別編。人気ショップ4軒が再登場して、新たにラインナップに加わったアイテムをリレー方式でご紹介してくださいます。今週は、東京・学芸大学にある生活雑貨店「MIGO LABO(ミゴラボ)」からお届けします!


木工作家・堀宏治さんのくるみの長方形トレイは23cm ×12cmでカップと小皿などをコーディネイトするのにちょうど良いサイズ感。

s-migolabo_hori_1
裏面はフラットに仕上げられていますが、表面は手彫りの風合いが美しく残されています。

s-migolabo_hori_2
両端が斜めに持ちやすく加工されており、とても使いやすいデザインです。

s-migolabo_hori_3
傷や汚れがつきにくいようプレポリマーという学校給食の木製食器にも使われる塗料で加工。さらに荏胡麻油を薄くすりこんで仕上げられています。木目の表情は様々ですので、お気に入りを探してみてくださいね。

s-migolabo_hori_4
器をのせるトレイとしてはもちろんのこと、パンやフルーツなどを盛り付けるプレートとしてもお使いいただけます。

s-migolabo_hori_5
今年7月に開催した陶芸家・鈴木美汐さんとの二人展でも使い勝手の良さが評判になり、器とコーディネイトしてお求めいただくことが多かったアイテムです。

写真・文 石黒美穂子

 

←お店の紹介はこちらから

MIGO LABO(ミゴラボ)

フォトグラファーの石黒美穂子さんがディレクターを務める生活雑貨のセレクトショップ。ハンドクラフトを中心とした器、かご、バッグなどのアイテムが充実。イベント、企画展も随時開催。

 

東京都目黒区五本木2-42-1
TEL:03-6303-3281
企画展情報、営業時間、店休日については、公式フェイスブック公式インスタグラムでご確認ください。
MIGO LABO公式サイトはこちら

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ