7寸~8寸皿でいつものワンプレート朝ごはん

器店主の朝ごはん
2018.12.09

「savi no niwa(サビノニワ)」田中あずささん vol.1

 

photo&text:田中あずさ

 

こんにちは。12月の「器店主の朝ごはん」を担当させていただきます。本当に私でよいのか不安ではありますが、広い心で見守っていただければ!(笑)本日から1ヶ月間、どうぞよろしくお願いいたします。

 

器店主=丁寧な暮らしをしているであろう、そんなイメージがあるかもしれませんが……恥ずかしながら時間に追われアタフタしていることが多い私。一応、この時間までには朝食や家事を済ませ、10時には店へ……と思いながら支度をしているのですが、何しろ朝の行動はすべてスローモーション(笑)なので、朝ごはんは(も?)とにかく簡単にできることが基本なのです。偉そうに言うことではありませんが。。

 

s-s-1

我が家のいつもの朝ごはんと言えばこちら。週の半分以上はこのようなスタイルです。今日のトーストはホワイトソースにハム、その上にチーズをのせたクロックムッシュ風。ホワイトソースは蓋つきの製氷皿に冷凍しておいたもの。お弁当作りにも便利です。朝ごはんは冷凍や昨晩の残りものなどを上手く活用しています。

 

s-s-2

今日の器は竹口要さんの平皿、照井壮さんのマグカップ、ガラスのコバチはさこうゆうこさん、木のフォークは菅原博之さん、銀のさじは佐藤祐子さん。今日はどれを使おうかな~と器選びも楽しい時間ですね。

 

s-s-3

ガラスの器は夏だけのものではありません。ぜひ年中使っていただきたいです。冬のガラスもとても良い雰囲気ですよ。

 

s-s-4

今回使っている平皿は径22㎝。7寸(約21㎝)~8寸(約24㎝)のお皿が1枚あると本当に便利です。洗い物も少なくなりますし! 

ここにパンやサラダ、ちょっとしたおかずも盛り付けられます。もちろんごはん党の方にもおすすめ。少しだけ7~8寸のお皿を集めてみました。

上から時計回りに、小山乃文彦さんの粉引7寸皿、安藤由香さんのPLATE(約21.5cm)、鈴木智子さんの角プレート(約20cm)、石川裕信さんの8寸リム皿、辻口康夫さんの黒釉8寸盆皿、中央は加藤祥孝さんの粉引8寸八角皿。

今日使った竹口要さん、照井壮さん、さこうゆうこさんの作品は、昨日12月8日(土)から始まっている企画展でたくさんご覧いただけます。造形作家の田中友紀さん(金属のカトラリーやお皿)も出展いただくので、陶磁器・ガラス・金属と様々な組み合わせを楽しんでいただけます! ぜひお運びください。

 

それでは、来週もよろしければお付き合いくださいませ!

←その他の【savi no niwa(サビノニワ)】の記事はこちらから 
←連載「器店主の朝ごはん」はこちらから

savi no niwa(サビノニワ)
滋賀県野洲市高木194-33

TEL:077-586-1806

営業時間:11:00-17:00

定休日:不定休(ホームページをご確認ください)

https://www.savi-niwa.com/

Instagram:@saviniwa

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ