使い勝手の良さは陶器以上?! 拭き漆の木製急須

今日のひとしな
2018.12.06

~DAILIES(デイリーズ)より vol.6 ~

こんにちは。「デイリーズ」スタッフの福士です。

寒い日はお部屋でゆっくり過ごすことが多い方にぴったりな、拭き漆の木製急須をご紹介します。

web-kiji0002
拭き漆とは、生漆を何度も木地に摺り込み、すり込む度に和紙で余分な漆を拭き取る塗り方のこと。この手間のかかる作業によって、素朴で味わいがある美しい艶と透けた木目が生まれるのです。縁の黒っぽいラインは麻の布を漆で張ったもので、アクセントにもなっています。

web-kiji0004
木製の急須は熱伝導率が低いのが特徴。熱々のお湯を入れても、陶器のように蓋や取っ手、急須本体も熱くなりにくいです。それでいて保温性に優れているので、お茶は温かいままをキープ。例えば本を読むのに思わず熱中してしまっても、次に飲む時も温かいままですよ。読書好きの方にはピッタリですよね!

陶器に比べて軽くて割れにくく、扱いやすいのもうれしいところ。洗っている途中でうっかり滑らせて落としてしまっても、安心です。

web-kiji0003

web-kiji0001

サイズは大(約350ml)、小(約200ml)の2種類。茶葉が充分に広がるたっぷりしたサイズの、専用茶漉しも付いています。

ちなみに当店スタッフも何名か愛用しています。毎日朝晩に加え、休日はお昼やおやつの時間も使うという使用環境ですが、元々業務用に作られているため、数年使い続けている今も問題なく使えています。

また、使い込むごとに漆の艶が増しているのがわかります。化学塗料で塗装された木の食器とは違い、使うごとに深い艶に変わる様子の変化も、漆塗りの木の食器の楽しみのひとつかと思います。

ぜひ寒い日にはこの急須をお供に、お部屋でのんびりする時間を楽しんではいかがでしょうか。

素材:ナツメの木、麻
小(約200ml):3,000円→1,980円(税抜き)
大(約350ml):3,200円→2,400円(税抜き)
※時期により金額が変わる可能性があります。予めご了承ください。

 

←お店の紹介はこちらから

デイリーズ

東京都三鷹市下連雀4-15-33 2F
TEL:0422-40-6766
営業時間:11:00~22:00
定休日:無休(年末年始を除く)
https://www.dailies.tokyo.jp
オンラインショップ https://www.dailies.tokyo.jp/online-shop

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ