耐熱皿でつくる朝ごはん

器店主の朝ごはん
2019.01.20

「sent.(セント)」秦 美咲さんvol.3


こんにちは。神奈川県小田原市で「sent.(セント)」という雑貨店をしております店主の秦 美咲です。連載も今日で3回目。凝ったお料理はありませんが、作家さんの器に助けていただきながらの我が家の朝ごはんをご紹介できればと思います。

photo&text:秦 美咲

 

比較的お店のオープンと出勤時間はゆっくりなはずなのに、朝寝坊をしてバタバタとしがちな我が家ですが、たまに余裕のある朝も。食パンでつくるフレンチトーストも好きですが、お気に入りはやっぱりバゲットでつくるフレンチトースト。

1

甘いフレンチトーストには、塩気のあるベーコンを添えて。

2

我が家では廣川 温さんの耐熱皿を数年前より愛用しています。直火にもかけられて、もちろんオーブンにもOK。空焚きもできるので、フレンチトーストのときにバターを敷いたり、炒めものなんかにも使えます。なんといっても見た目だけでなく保温力もよく、作ってそのまま食卓に出せちゃうので、洗い物も少なくて済むためとても重宝しています。

3
耐熱皿:廣川 温 さん
平皿:福田るい さん
花深皿:久野靖史 さん

s-3-4

現在つくられてる形は、やや平べったいタイプ。他にも片手鍋やごはん鍋なども作られています。片手鍋もそのままオーブンに入れられるのでグラタンなんかにいいですよ。寒い冬には特に活躍する器たちです。

4

第2回のコラムでご紹介したように、時間がない日の朝のコーヒーはマキネッタを使っていますが、のんびりした朝にはハンドドリップで。朝にゆとりを持つのも大事ですね。

次回で最後の担当回になりますが、どうぞお付き合いいただけると幸いです。

 

←その他の「sent.」の記事はこちらから

sent.(セント)暮らしの雑貨、古道具

神奈川県小田原市栄町3-22-10
JR東海道線・小田急線小田原駅より徒歩10分
大雄山線緑町駅より徒歩2分
open 月 – 土/close 日 + 不定休
tel:050-5241-9392 
mail:info@sent-shop.com
http://sent-shop.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ