焼きおに茶漬けの朝ごはん

器店主の朝ごはん
2019.01.27

「sent.(セント)」秦 美咲さん vol.4


こんにちは。神奈川県小田原市で「sent.(セント)」という雑貨店をしております店主の秦 美咲です。早いもので今回がコラム担当の最終回となりました。

photo&text:秦 美咲

 

寒い冬の朝には、やはり温かい汁ものが食べたくなります。シンプルにお茶漬けも良いですが、最近我が家ではまってるのが焼きおにぎり茶漬け。

1

ごま油や醤油みりんを混ぜ合わせたおにぎりを焼きます。焼きおにぎりはまとめて焼いて冷凍しておいて、食べる直前に解凍すれば忙しい朝でも簡単! あとはだし汁やお茶を注ぐだけ。冷え切った体があたたまります。

2
アサガオ鉢:福田るい さん
豆皿:吉野千晴 さん
箸置き:飯高幸作 さん
急須:祖母から譲り受けたもの

お茶漬けをいれた福田るいさんの五寸アサガオ鉢は、和え物を盛ったりグラノーラを入れたり、お鍋の取り皿にしたりなど、活用の幅が広くて我が家では何かと出番が多い器。お客様からも、使い勝手がよかったから追加で購入したいとの声もよくいただきます。

3

そして、我が家のごはんに欠かせないのがお店でも取り扱わせていただいているアリアケスイサンさんの紫彩(しさい)。刻み海苔とはまた違うしっかりとした食感で、酸処理をしていない一番摘みの海苔ともあって、香りと旨味が格別なのです。刻み海苔のように納豆や卵かけご飯、パスタなどにトッピングするのもよいですが、お味噌汁やスープの具材としても。

4

素材にこだわるだけで、シンプルながらも贅沢なごはんになるものです。

4回にわたりご紹介させていただきました我が家の朝ごはん。凝った料理はなかったかもしれませんが、器の力を借りて美味しく楽しくを心がけた朝ごはんはいかがでしたでしょうか。

我が家では当たり前のことも、きっとそれぞれのご家庭ごとのルールや習慣があると思います。お料理も器使いも、型にはまりすぎず、自由に楽しく色々と試してみてくださいね。

ここまでお付き合いいただき、ありがございました!

 

←その他の「sent.」の記事はこちらから 
←連載「器店主の朝ごはん」はこちらから

sent.(セント)暮らしの雑貨、古道具

神奈川県小田原市栄町3-22-10
JR東海道線・小田急線小田原駅より徒歩10分
大雄山線緑町駅より徒歩2分
open 月 – 土/close 日 + 不定休
tel:050-5241-9392 
mail:info@sent-shop.com
http://sent-shop.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ