毎日使う布巾にもこだわりを、かや生地ふきん

今日のひとしな
2019.04.23

~「AKOMEYA TOKYO」より vol.23 ~


使えば使うほどふんわりと手になじむよう、素材にこだわって作られた「AKOMEYATOKYO」オリジナルの「かや生地ふきん」。素材となるかや生地の生産は、織布から乾燥、包装にいたるまで全て国内の職人によるもの。毎日使っていただきたいおすすめの一枚です。

m0012
蚊帳生地の産地である奈良県で織られた生地を、高野山の麓で丁寧に一枚一枚息を吹き込んだ、「AKOMEYATOKYO」のオリジナルふきん。 水をよく吸い、使うたびに手になじむ蚊帳生地のふきんはその昔、奈良の大仏さまを拭くものとして使われていたといいます。

m0013
m0015
m0014
一枚ずつ丁寧に職人の手により作られるこちらは、台拭きやタオルとして、また毛羽立ちしにくいため、グラスを拭くときにも◎。拭き取り力や乾きやすさも抜群です。

表地は良質な綿糸、中・裏面はレーヨン糸を使用。水分や油汚れを絡めとる優れた拭き取り力、また洗ったときの絞りやすさや乾きやすさにもこだわっています。

m0010
m0011
種類豊富な総柄プリントの他に、「AKOMEYA TOKYO」のトレードマークである福良雀の刺繍が入ったタイプもご用意しています。

さらに、グレーのかや生地ふきんは紀州の備長炭が練りこまれています。
紀州備長炭は、ウバメガシ(ブナ科)を材料に窯で焼き上げた紀州特産の最高峰の白炭で、昔ながらの独自の製法にこだわって今もなお受け継がれる最高峰のブランドです。

長く使える道具として、ぜひご自宅で愛用してみてください。

かや生地ふきん ¥550~ ※価格は2019年4月現在、税抜き


←その他の【AKOMEYA TOKYO】の記事はこちらから

→お店の紹介はこちらから

AKOMEYA TOKYO 銀座本店

東京都中央区銀座2-2-6
TEL:03-6758-0270(店舗)
営業時間:11:00~20:00
     11:00~21:00(金・土・祝前日)

https://www.akomeya.jp/
Instagram:@akomeya_tokyo

 

3/30(土)オープン!
AKOMEYA TOKYO in la kagu 神楽坂
東京都新宿区矢来町67

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ