サッと運びたい、飾りたい、いつもそばに置きたいシェーカーボックス

今日のひとしな
2019.03.05

~ キナルLABO より vol.5 ~


みなさんのお宅では「水」をどう補給されてらっしゃいますか?
我が家では、美味しい水をいつでもすぐ飲んだり、お茶をダイニングでさっと淹れたりしたいと思い、ダイニングテーブルの近くにはウォーターサーバーを置いています。

01
そこで問題になったのが、水を飲むための器をどうするか?ということ。
でも我が家は食器関係をすべてキッチン内に収納しており、散らかりがちなダイニングこそ「すっきり!」がモットー。
食器棚も置きたくないため、家族が水を飲むタイミングにはいつも、わざわざキッチンからコップを持ってこなくてはなりませんでした。

02
そこでウォーターサーバー横にセレクトしたのが、カナダ在住のシェーカーボックスの名工、BRENT ROUKE(ブレント・ルーク)氏が作ったシェーカーディバイディッドキャリアー。

シェーカーについて語るにはここでは書ききれないくらいの歴史があるので割愛しますが、「シェーカーボックス」と聞いてピンとくる方もいらっしゃるかもしれません。
職人の技があってこその、木の温かさを感じられるデザインが素晴らしい名品です。

03
Shaker divided Carriers(シェーカーディバイディッドキャリアー)とは、直訳すると「シェーカーの分割された運ぶもの」、といったところでしょうか。
分割するための仕切り部分が持ち手になっているので、持ち運べるのがポイントです。

04
我が家は夫婦でデザイナーズファニチャーが好みなので、自宅がどうしてもモダンデザインに寄りがちです。
それを緩和するために置いた薬箪笥ではありますが、他の家具と違和感が出ないようディバイディッドキャリアーをその上に置きました。
ここにコップやお茶グッズをストックし、必要であればそれをそのままダイニングテーブルに出しています。

また、リビングでゆっくり読書や映画で過ごしたいときにも、このまま運べるのでとても便利。
一般的にはお盆を使う方も多いと思うのですが、飾っておきたいほどの美しいデザインなので、定位置を決めて飾りながら実用性も…と欲張ると、お盆以上に素敵にはたらいてくれる気がします。

05
主に我が家では飲食関連で使っていますが、(でも、木なので水濡れはできません)お裁縫や編み物をする際、お裁縫箱には作りかけの作品は入らないので、これに乗せて家中の好きな場所やミシンのそばに移動して、お裁縫をするのもいいなぁなんて想像しています。

実店舗やオンラインでは、新築やご結婚のお祝いに贈られることも多いです。
ずっと大切に使ってほしいもの、ずっと愛着を持って使ってゆけるもの、贈る側にも贈られる側にも支持される理由は実物をご覧になると分かっていただけるんじゃないかなと思います。


text:イワサ

シェーカー ディバイディッド キャリアー(チェリー)


←お店の紹介はこちらから

←その他の「キナルLABO」の記事はこちらから

キナルLABO

栃木県宇都宮市松原2-5-21木材会館1F
☏ 028-612-5618
E-mail:labo@nonversus.jp
定休日:火曜日、水曜日 、日曜日(不定休)
   *休業スケジュールはtwitterにてご案内しています
営業時間:平日:13:00 ~ 17:00 土日祝:13:00 ~ 18:00

https://www.kinaru.com/

 

駐車場はキナルLABO店舗の正面を入った左奥に4台。
★ご来店の前に・・・
宇都宮駅からは車で約20分。日光街道南側から店舗への進入は右折禁止となっておりますのでご注意ください。
バス停「戸祭一丁目」から徒歩1分。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ