パンとやさしい野菜スープの朝ごはん

器店主の朝ごはん
2019.03.11

「趣佳(しゅか)」岩金弥恵子さん vol.2


こんにちは。大阪市の谷町で作家ものの器と洋服の店「趣佳」を営んでおります岩金弥恵子です。3月より我が家の朝ごはんをご紹介しています。今日はお付き合いのほど、どうぞ、よろしくお願いいたします^^

 

←vol.1はこちらから

 

前回のようにごはんを炊いてしっかりたべる朝ごはんもあるのですが、おいしいパンにも目がないので、パンの朝ごはんもあります。メニューはごはんのときよりちょっとシンプルになりますが…。

 

s-1-asagohann

・くるみパン

・6種のやさしい野菜スープ

・ヨーグルトに古代米の甘酒

 

使用した器のご紹介です。

 

s-2-plate

・久保田健司さんのプレート

最初に必ず女性の作家さんですか?とお客様に聞かれるほどに愛らしい”いっちん”が施されたプレートです。意外としっかりとしたおかずにもあうのですが、今回はパンをのせました。

 

s-3-soupmug

・高島大樹さんのクレマのスープマグ

高島さんといえば、輪花のお皿が人気ですが、こちらも長く作られているシリーズです。白い器は少々なんだか淋しいような気にもなりますが、高島さんのクレマはぽってりとしていてあたたかみがあり落ち着きます。

 

s-4-stacking

・安土草多さんのスタッキンググラス

ゆらゆらと光をやさしく蓄える安土草多さんのグラス。グラスというと飲みものを想像されると思いますが、わたしはこんなふうにヨーグルトやアイス、サラダなどの惣菜に使うこともあります。

 

s-5-cutlery

・大久保ハウス木工舎さんの木の匙

安土草多さんに「いいカトラリーの作家さんいないですかね?」と相談したら「大久保くんの匙は官能的ですよ」とご紹介いただき、その表現に興味をもって使い始めてみたら納得、よーくわかります。ちょっとお値段ははりますが、その価値は十分で今ではなくてはならない匙に。

 

今回は以上です。

次週も、どうぞ、よろしくお願いいたします^^

 

←その他の「趣佳(しゅか)」の記事はこちら

←その他の『器店主の朝ごはん』はこちらから

趣佳(しゅか)

大阪府大阪市中央区谷町6−15−22

TEL:06-7503-2508

定休日:木曜+不定休

http://syuca.jp

Instagram「@syuca_jp

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ