美しい手仕事、インドのカンタ

今日のひとしな
2019.07.12

~「haku+」より vol.12 ~

 
人の手で丁寧に作られたものは美しい。
 
歴史を感じられる、人の手から生まれた、温かみのあるものに惹かれます。今日ご紹介するカンタもそのひとつ。「カンタ」とは「刺す」という意味。パキスタンやインド、バングラディシュなど、様々な地域で作られています。

使い古して着ることができなくなってしまった、サリーやドーティなどの民族衣装を数枚縫い合わせて一枚の布にしたもの。敷物や布団、赤ちゃんのおくるみなど、様々な用途で活躍しています。
 
つぎはぎされた部分やステッチの色なども様々。古いものはすべて一点もの! 見つけた時に買わないと、もう二度と出会えないのです。
 
web-kiji0008 
ピンクのステッチにズキュンときたカンタ。ひとめぼれしてくださった方のもとに旅立っていきました。

 web-kiji0009
web-kiji0002
これは最近見つけたもの。白いカンタはあまり見ないので、見つけるとついつい買ってしまいます。白×ブルーがさわやかで、これからの季節によさそうです。
 
web-kiji0007
こちらはインディゴ染めをしたもの。

使っているうちに色が落ちてくるので、経年変化を楽しめるのもまた楽しいです。カンタは、見つけた時に仕入れてくるので、不定期な入荷になります。
 
お店の中での出会いを楽しんでいただきたく、あまりSNSには載せたりすることがないので、出会えたらラッキーなアイテムかもしれません。
 

←お店の紹介はこちらから
←その他の「haku+」の記事はこちらから

haku+(ハクプラス)

兵庫県神戸市灘区宮山町2-4-7 サニー六甲3号
TEL: 078-862-8744
営業時間:12:00~19:00
定休日:水曜(不定休あり)
http://hakuplus.jp
Instagram「@hakuplus_

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ