多肉植物生活をはじめました!

編集部ブログ
2019.06.10

こんにちは、編集部のツダです。最近インテリアの記事を多く読む中で、「素敵部屋には必ずグリーンあり!」という法則を発見しました(笑) おしゃれで心地よさそうなグリーンのある暮らしにどんどん惹かれていくのですが、私自身は昔から植物を育てることが大の苦手……。憧れのインドアグリーンに挑戦した時も、水やりを忘れて一か月足らずで枯らしてしまった苦い経験があります。

m0010

そんなツダですが、先日から多肉植物と一緒に暮らし始めました! きっかけは週末連載「器店主の朝ごはん」で以前ご登場してくださった、新富町の器展「さんのはち」で行われていた「古道具と多肉植物展」へ伺ったこと。

m0011

(多肉植物に夢中で写真を撮り忘れ、TOKIIRO近藤さんにお借りしました)

小さいものから大きいものまで、ぷっくりした葉のシルエットが愛らしいです。質感もずっと触っていたいほどスベスベ。「どれも素敵で欲しい~!」と思いつつも、「この子たちを万が一ダメにしてしまったら……」と迷っていました。そんなツダに、展示の多肉植物を手掛けたTOKIIROの近藤さんが一言。

「多肉植物は水やりの頻度が少なくて、管理が簡単なのですよ」
恐る恐る自分のズボラさを打ち明けご相談をしたところ、大丈夫ですよ~と背中を押され、俄然やる気に!
水やりはあくまで目安だそうですが、土の状態を見ながら2週間に一度、底穴からたっぷり出る量を与えて、太陽光がたくさん当たる場所に置いてあげるのがベスト。多肉植物は室内で楽しむイメージだったので、驚きでした。

m0012

「ポロンととれて落ちた一枚の葉っぱもすごい生命力で、乾いた土の上に置いておくと根が生え、芽が出てくるのですよ」
などなど、たくさんお話を伺ってすっかり魅了されツダ。その日はその後のスケジュールの関係で購入できなかったのですが、別日にポップアップショップが開催されると噂を聞きつけ、行ってきました。

m0013

こちらがわが家にやってきた多肉ちゃんです。霜の朝(しものあした)とグリーンネックレスがメインのアレンジ。色々な角度から愛でて楽しんでおります~。水やりの頻度は多くないといっても、かわいいこの子を大事にしたい……と母性が生まれてきました(笑)

わが家では日中も夜もずっとベランダに置いています。朝起きるとベランダに出て、多肉植物がもつ不思議なパワーに元気づけられ一日が始まる。それが毎朝の習慣となりました。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ