「one to one」のブローチ ~niguramu(にぐらむ)より vol.6~

今日のひとしな
2016.06.06

←お店の紹介はコチラから

 

先週からお届けしている「niguramu」の「今日のひとしな」コラム。今週は、宮嶋ヒロコが担当させていただきます。どうぞよろしくお願いします。

 

金沢に店をオープンする前、ひっそりと「niguramu」をスタートさせたのが、富山県高岡市。ここ高岡で学生時代を過ごした「暮らすひと暮らすところ」の戸田祐希利さんは、デザイナーという枠を超え、産地と深く関わりながら作り手と使い手をつなぐ活動をされています。

高岡の伝統産業である高岡銅器の着色技術は、これまで仏像や美術工芸品といった、普段の生活では触れる機会の少ないものに使用されていましたが、銅器着色を専門とする「momentum factory Orii」の折井宏司さんと戸田さんの出会いが、新しい動きを生み出します。

多彩な色を作り出す折井さんの銅器着色技術。もっと広く、身近にこの技術を知ってもらいたいという戸田さんの熱意。自分のデザインでは無く、この「色」を前面に出したいという、ある意味デザイナーらしからぬ発想から、自然界にある石をモチーフに、ひとつとして同じ形のないブローチが誕生しました。

IMG_6322-1

ブローチというと、ちょっと特別な日に着けるものという印象が強いけれど、この「one to one」の石のブローチは、日常にさらっと取り入れやすいところが良いです。

 

IMG_6317-1

IMG_6303

戸田さん自身もシャツの胸元などにワンポイント、時にはいくつかまとめて着けたり、他のブローチと合わせたりと、素敵にコーディネートされているので、いつもお会いするのが楽しみです。

IMG_6345-1

伝統技術を現代的にアレンジすると、どこか押しつけがましい、ムズムズするような違和感をもつ事が多いのですが(あくまで個人的な感想です)、そういった部分を一切感じさせないところがすごい。

大切なのは、ずっと使い続けたいと思えるか、そして実際に長く使っていけるか、ということ。

考えてみたら、私たち「niguramu」も常にそんな思いで取り扱いさせていただく商品を選んできました。そんなところも惹かれる理由かもしれません。

IMG_6283-1

one to one BROOCH
Sサイズ ¥4,104(税込)、Lサイズ ¥5,184(税込)

※カラー展開4色:ブロンズ・シルバー・グリーン・ピーコックブルー

text: 宮嶋ヒロコ

niguramu ~BRANCH Shop~

日本各地から日用品、雑貨、器、アクセサリーをセレクト。連載コラムの執筆は、店主の辻 喜代司さんと宮嶋ヒロコさん。

 

石川県金沢市高岡町18-13

TEL:076-255-3546

11:00~19:00 火曜定休

http://www.buk.jp

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ