麺の朝ごはん ~「うつわshizen」刀根弥生さん vol.5

ある日の朝ごはん
2016.07.31

お店の紹介はこちらから

vol.4はこちらから

 

朝麺の日もあります。

暑くなってくると、
ひんやりつるりとしたものがうれしいもの。
時間があるときに、調味した出汁やコンソメスープで
ゼリーを作っておくと、この季節重宝します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

冷やして固めるのに少々時間がかかるけれど、
作り置きしておくと
食べたいなと思ったときに
麺を茹でて麺つゆをかけて、
ゼリーと野菜をのせれば
のど越しのよい麺の出来上がりです。
食欲のない暑い日に、元気が出ます。

ゼリーは、酢の物にいれたり
夏野菜の焼きびたしにのせて
よーく冷やして一品に。
いつものお惣菜が
ちょっとがんばった風になり、喜ばれます。


この夏気に入っているのは、
いただきものの徳島の半田素麺です。
コシが強くてパスタのような素麺。
オリーブオイルとカラスミでいただいても
美味しいです。

ゼリーのせ麺も、半田素麺で。
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
折敷:名古路英介
ガラスプレート(野菜とゼリーのせ半田素麺):柳琴姫
足つき小鉢(プチトマトと谷中生姜のピクルス):砂田政美
豆鉢(モロッコいんげんと蕪の塩昆布和え):藤本羊子
輪花皿(茸の当座煮):小峠貴美子
急須:加藤財
片口:後藤竜太


木とガラスの組み合わせも
この時期、目に爽やかです。
ガラスのうつわもきらきら、
shizenの店頭で瞬いています。

s-0000

 

 

vol.1「昨晩の残り、スープ煮の朝ごはん」はこちらから

vol.2「和食の朝ごはんの日。」はこちらから

vol.3「あまいもので朝ごはん」はこちらから

vol.4「買ってきたお寿司の朝ごはん」はこちらから

 

第1回「ももふく」 田辺玲子さんはこちらから

第2回「H.works」 園部由貴さんはこちらから

第3回「イコッカ」 福地京子さんはこちらから

第4回「夏椿」 恵藤文さんはこちらから

第5回「スタイル ハグ ギャラリー」 尾関則恵さんはこちらから

shizen(シゼン)

普段使いの作家ものの器が揃う、古い一軒家の器店。「ある日の朝ごはん」コラム執筆は、店主の刀根弥生さん。

 

東京都渋谷区神宮前2-21-17
TEL:03-3746-1334
12:00~19:00 火曜定休
http://utsuwa-kaede.com/shizen/

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ