「星耕硝子(せいこうガラス)」のピッチャー ~copse(コプス)より vol.19~

今日のひとしな
2016.07.19

←お店の紹介はコチラから

 

つい買ってしまうアイテムの筆頭がピッチャーです。ピッチャーは水差し。本来は注ぐための道具ですが、そのフォルムにひかれて、何に使うともなく連れ帰ることが少なくありません。

pitcher5

なかでも「星耕硝子」の伊藤嘉輝さんがつくるピッチャーは、夏の定番。吹きガラス独特のぼってりとした厚みのあるガラスは、よく見ると小さな水疱がちりばめられていて、目にも涼やか。色ガラスを使ったブルーもあり、こちらの深い色合いも夏に似合います。

pitcher3

どっしりと存在感のあるフォルムは、テーブルに置くだけで食卓の主役になります。フルーツポンチやサングリアに使うと、果実の彩りが鮮やかに映え、パーティ気分も最高潮!
 pitcher1

ピッチャーを花入れとして使うのもおすすめ。ハーブをどさっと生けたり、実ものをラフに飾ったり。働きものの器だから、花器のようにかしこまらず生活の場にしっくりなじむのがいいですね。

pitcher2

今春開催された東京ステーションギャラリーの「ジョルジョ・モランディ展」では、ピッチャーが描かれた作品がたくさん展示されていました。モランディは、ものとものの重なりや陰影を追求した画家。ときには配置や組み合わせを変え、微妙に異なる輪郭や陰影を描き出しました。

生活の道具として作られながら、オブジェにまさるとも劣らぬ存在感。簡素なピッチャーは、日々の暮らしに幸せな風を運んでくれます。

ピッチャー 5,000円~(税抜) 

copse(コプス)

器や日常着など、衣食住を提案する雑貨店。連載コラム執筆は、店主の小森知佳さん。
東京都練馬区石神井台3-24-39 ロイヤルコトブキ1F
TEL:03-6913-1544
E-mail:info@copse.biz
営業時間:11:30~17:30
定休日:月~水曜(企画展中は無休)
http://www.copse.biz

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ