おへそ塾@イカニカ

暮らしのおへそ
2016.01.20

じゃん!

 

s-20151028_写真 7

 

今日は、写真から始めてみました。「暮らしとおしゃれの編集部」編集人のウメダです。

 

この楽しそうな会合は一体なに?(←って、既にタイトルで書いてますが……)昨年10月に開催された「おへそ塾」の様子です。これまでは神戸、広島、四国(徳島・愛媛・高知)と東京以外での開催が続いていまして、われわれ編集スタッフは同行することができずにいたのですが、ようやく立ち会うことができました。

 

「おへそ塾」とは、「暮らしのおへそ」の編集ディレクターの一田憲子さんが開くワークショップです。6~8名の少人数のグループで、おひとりおひとりに「おへそ=習慣」にまつわる質問を投げかけて、それに答えていただくというもの。「朝起きて、必ずすることは何ですか?」「家の中をきれいに保つために、していることはありますか?」「夜はどんなふうに過ごしますか?」などなど。

 

自分では<当たり前>と思っていた毎日の行動も、改めて<言葉>にしてみると、ほかの人にはない新鮮な「おへそ=習慣」だったりします。そして同席した人の「おへそ」を聞くことで、「へぇ、そんな方法もあるのね」と新しい暮らし方を発見することも。

 

「おへそ塾」は本とは別のチャンネルで「おへそ=習慣」について、読者の皆さまと直接に情報交換ができる貴重な場なのです。

 

ひとりひとりが、じっくり自分と自分の暮らしを振り返り、言葉にしていただくために、少人数でのワークショップという形をとっています。この深さは、参加した人でないとちょっとわからないな~というのが、見学させてもらった私の率直な感想です。なんというか、日ごろのワサワサ、ザワザワした慌ただしい日常からちょっと離れて、自分の暮らしを俯する感覚と言いますか……。

 

これは、場の力も大きいかもしれません。今回の会場は、フラワースタイリストの平井かずみさんが、ご主人と営む「cafe イカニカ」。平屋の一軒家を改装しているので、誰かのお宅にお邪魔したような不思議なリラックス感があります。大きなダイニングテーブルを囲むと、みんなの顔が見渡せて、ひとつの話題にぐっと集中できるよう。

 

s-20151028_写真 8

フラワースタイリストの平井かずみさん(左)と、ご主人の康二さん(右)。

 

「日替わり定食」のほか、カレーライスやチーズケーキ、各種ドリンクなどがいただけるほか、暮らしまわりのイベント&ワークショップなどを定期的に開催されています。

 

訪ねた際は、おふたりがセレクトした雑貨や食品のコーナー(販売もしています)や、平井さんの手による花のしつらいも、お見逃しなく! そうそう、今回この記事を書くにあたり、「イカニカ」のHPを覗いてみましたら、ikanika COLUMN [草まくらの夢]に面白い記事を見つけました。恐らく、これはご主人の康二さんが書いたもの。曰く、「(2015年末の)紅白は、唯一、今井美樹さんのみがきちんと過去と現在をただしくとらえたステージをしていた」。紅白マニアのワタクシとしては、「なるほど~」とうなってしまいました。康二さん、次回お目にかかったときは、この件、じっくり聞かせてください!(最後は関係ないトピックで失礼しました!)

 

 

s-20151028_写真 6

s-20151028_写真 9

cafe イカニカ
東京都世田谷区等々力6-40-7

http://ikanika.com/cafe/top/index.htm

12:00~18:30(18:00ラストオーダー)

定休日:水曜日、木曜日

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ