掃除とはつまりナチュラルな状態に戻すことVol.1 イーオクト 高橋百合子さん

『暮らしを、みがく』
2016.09.22

eoct20160406-_B3P0613a

「さあ、掃除に取り掛かりましょう」。と腕まくりした高橋さんの手には、
スプレーボトルが握られていました。特殊な洗剤なのかな?と思いきや、

「これ、水なんです」とにっこり。
床を拭いたり、洗面所、お風呂まで家中の掃除に使うのは、なんと水!

「水は太古の洗剤なんです。私ね、掃除は、
ナチュラルな状態に戻すことだと思っているんです。
自然のまま、ありのままに戻せば、それが”きれい”だということ」。 

 そして、水の力を最大限に引き出してくれるのが、
スウェーデン生まれの「エムキュー・デュオテックス」という
マイクロファイバークロスなのだとか。

「スウェーデンでは医療関係の施設で使われ始めたものです。
昔は病院では、消毒をし、殺菌して衛生状態を保つ、という発想でした。
なのに院内感染はなくならない。
『これはおかしい』と気づいた人たちが、
掃除の仕方をチュラルに戻そうとしたわけです。
そこで生まれたのがこのクロス。今では当たり前に使われています。
だから、スウェーデンの病院では消毒の臭いがしないんですよ」。

 このクロス、使ってみると「サ〜ッ」とスムーズに、
というわけではなく、「ギュッギュ」と引っかかるかなりの手応えがあります。
これが、汚れをしっかりキャッチしている証。
高橋さんは、モップ型、ミトン型と、場所によって種類を使い分けているそう。
掃除が終われば、まとめて洗濯機で洗濯しておしまい!

『暮らしを、みがく』より

Vol.2に続く  text:一田憲子 photo:中川正子

 

日本橋三越本店で開催の「おへそ的、買い物のすすめ展」にて
高橋百合子さん×一田憲子さんトークショーを開催します。
10月8日(土)14:00~ 本館1階 中央ホール
ぜひご来場ください!

「おへそ的、買い物のすすめ展」会期 10月5日~11日

#おへそ日本橋三越

 

Profile

高橋百合子

TAKAHASHI YURIKO

「イーオクト」代表取締役。新聞社勤務を経て会社を設立。スウェーデンのゴミの圧縮機器に感動し輸入販売を開始。今は環境に配慮されたサスティナブルな社会づくりを目指して事業を展開。ECサイト「エコンフォート」を運営。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ