モノから始まるおへそ

暮らしのおへそ
2017.02.22

新たなモノを手に入れたら、
それを使いこなす過程で今までとは
まったく違うおへそが生まれる、
ということがあります。

断捨離が流行り、
ミニマムな暮らしが注目されているけれど、
モノを買うのはやっぱりやめられません。
明日の扉を開けてくれる、とっておきのモノを
暮らしの達人たちに聞きました。

 

ダイロン染料
黄ばんだ白シャツを染めてみる

mono001A

白シャツや、白いTシャツなどを長年着続けると、
どうしても黄ばんでしまいがち。そんなときには、
手軽に使える粉末染料を使って、
染めてしまうのもひとつの手。
「色あせたパンツも、新品みたいに蘇ります」というのは
写真家の宮城大典さん。
インディゴブルーや、カーキ、茶色など、
1枚のシャツの第二の人生を彩ってみては?

 mono005A

ダイロンの「プレミアムダイ」は、
発色の鮮やかさ、定着の良さに優れています。

mono008A

まずは40度のお湯に染料と色止め用の塩を加えて、

mono012A

むらのないように割り箸などでかきまぜながら
45分間漬け込んで、水洗いして陰干しすれば完成です。

 

くるみの木 和ふきん
いつもの器をさっぱり拭きあげる

 

mono014A

石村由起子さんが、カフェ「くるみの木」を
オープンさせた頃、ひとりですべてを手掛けていたので、
素早く何枚ものお皿を拭くために、
考えついたのがこのふきんです。
吸水性のいいさらしを、輪にして縫ってあるので、
くるくると回しながら常に乾いた箇所を使うことができます。

mono016A

ふきんは毎日使うものだから、
機能的で使い勝手のいいものを選びたい。
二枚重ねで吸水性がよく、筒状に仕上げているため、
すぐ乾くのが特徴です。
いつもさっぱりと器を拭きあげて、清潔感を保つことができます。

『暮らしのおへそ』Vol.22より photo:大森忠明 text:一田憲子

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ