我が家のお弁当事情

編集部ブログ
2017.04.13

こんばんは、編集部の北澤です。
新年度になり2週間ほど経ちましたが新しい環境に入った方はもう慣れましたでしょうか?私はというと、ここ1週間ほど悩まされていた春特有の体調不良がようやく落ち着いてきたような…?早く完治してほしい今日この頃です。

さてさて、環境が変わったことによってお弁当生活が始まった方も多いと思います。実は私も弁当女子の一人(女子って歳じゃないですけど)。毎日…毎日?まぁ約毎日、父と自分の2人分を作っております。

甘い卵焼きが好きな父、はたまたしょっぱい卵焼きが好きな私…。面倒な好みの違いなどもありますが、自分だけおいしい物を多めに入れたり(笑)楽しみながら日々お弁当作りに勤しんでいます。

いつも茶色いおかずが多めになりがちですが(茶色いおかずおいしいですよね。笑)、今日は少し意識してブログ用にカラフルなおかずをこさえてみました!
s-image1
卵焼き、ウインナー、にんじんのきんぴら、インゲンのくるみ和え、焼きミニトマト。そして、のりを敷いたご飯の上にこれらおかずを乗せて『のり弁』にします。
おかずの味が染み込んだご飯がおいしいんですよねー。作っているだけでテンション上がります!

のりをちぎって乗せるのが面倒くさいので、私はお弁当箱サイズに切ったのりをご飯に乗せたら、箸で「うぉー!!」とブスブス穴を開けて、しょうゆを「だぁー」っとかけます。めちゃくちゃ楽。
s-image2
お弁当用のカップも最低限使いません。味をご飯に染み込ませたいというのもありますが、食べるとき邪魔ですしね。(色気より食い気!)

はいっ、完成!ちょっと隙間があいたので鮭フレークも追加しました。
s-image4
センスのかけらもない詰め方ですが、まぁまぁまぁ食べちゃえばなくなりますしね、良しとします。どこに行けばこういうセンスが落ちているのでしょうか。笑

毎晩「美味しかったです」と空っぽのお弁当箱を出す父に、「そうであろう、そうであろう!」と偉そうに返しますが、照れ隠しです。明日も「作ってあげてもいいよ」と思う娘でした。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ