まずは、ナッツを持ち歩く

暮らしのおへそ
2016.01.06

「暮らしとおしゃれの編集部」編集人のウメダです。「おへそブログ」から、お引越しして初めての投稿、果たしてうまくいきますかどうか……。なにせメカに弱いものですから、ドキドキしながらキーボードを叩いております。

 

 

「その人だけがもつ習慣、それを『おへそ』と名づけました」

 

 

これは私たちが発行する「暮らしのおへそ」というムック本を説明する言葉として、必ず本に記す文章です。

毎日、毎日、繰り返される習慣は、生活にぴたりと貼りついているからこそ、その人自身を映し出す鏡となります。

◎毎朝、半身浴をする。

◎出かけるときはマイポットを持ち歩く。

◎夕ご飯を食べてから、ウォーキングする。

これは「暮らしのおへそ」ディレクター・一田憲子氏の「おへそ=習慣」ですが(一田さん、勝手に公開してごめんなさい!)ここから、一田憲子という人物像が立ち上がってきませんか?

 

 

さて、ここからが本題。

昨年の5月に「おへそ」実用シリーズとして作ったムック本、『まずは、からだを整える』。

s-20160106_写真 1

この本を作って、私自身が新しい「おへそ=習慣」を手に入れました。

 

s-20150713_nats_k

それは、<毎日、ナッツを持ち歩く>こと。「食のギャラリー612」を主宰する、たなかれいこさんの「おへそ」をまねたものです。

 

外出先でちょっとおなかがすいたとき、何を食べるかが、じつは体調を整える鍵。適当なものに手を出さず、ミネラル・ビタミンが豊富なナッツをパクリ!すると、その後の気持ちや体調がまったく違ってくる……そんなお話を伺って、自分でも実践してみたくなったのです。

s-20160106_写真 2

 

じつは、ワタクシ、元々は大のジャンクフード好き。ピザや唐揚げなどの高カロリーメニューはもちろん、仕事中に小腹が空いたときは、ポテトチップスや炭酸飲料についつい手が伸びていました。でも、田中さんのお話を伺って、自分の体の中へ入れるものに、もう少し意識を働かせてみようと思ったのです。

 

ナッツを入れているのは、手のひらに乗るくらいの小さな密閉容器です。でも、この小さな容器がバッグにあることで、空腹を我慢してイライラしたり、食事のときに、一気にヘビーなものを食べたり、ということがなくなりました。何より<自分の体を大切に扱っている>実感があると、気分がよいものです。これ、発見です。

 

 

年が改まり、何か新しいことを始めようと考える方も多いかもしれません。小さな密閉容器から始まった、私の新たな「おへそ」。自分の体を大切にする、という根っこの部分も含めて、続けていこうと思います。

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ