【香菜子さん連載】vol.19 夜出かけるときに仕込む、お留守番カレー【後編】

香菜子さんの、日々にピタリなもの
2017.10.12

←【前編】はこちらから

 

ひょんなことから、香菜子さんお手製のカレーをごちそうになることに。ドキドキワクワク。出来上がったカレーは……

P1010019
じゃ~ん! わあああ。おいしそう。

P1010015
「冷蔵庫に残っていたものばかりで申し訳ないですけど……」と手早くサラダを作ってくれる香菜子さん。それ、それ、その「残りものでパパッと作れる」っていうの、あこがれです。しかも残りものっていうのが、サニーレタスにアボカド、オレンジ、上からくるみをパラリ。これ、もうレストランの域です。

P1010020
シックな色のプレートにごはんをよそって……

P1010033
カレーをたっぷり。

P1010038
「召し上がれ〜」。
ひゃっほー。こういう普通の“おうちカレー”が、世の中でいちばんおいしいんですよねえ。この日は時短でできる、豚肉の薄切りを使ったバージョン。ほんとにほんと、美味でした。

ちなみに、留守番カレーは、別のメニューになることもあるんですか?
「ワンプレートを作っておくことも多いかな。たとえばグリーンサラダ、にじきの煮物、ポテトサラダを載せて冷蔵庫に。フライパンには温めるだけでOKな、中華丼のあんかけを作ってふたをしておくとか」
むーん、お母さん業はたいへんです。

P1010043
そういう言っているうちに、香菜子さんもパクリ。あれ、このあとごはんの約束してるんじゃ……。「えへへ、味見です、味見」。わかります、食いしん坊にとって、カレーの匂いは魔物ですよね。
「無性にタイカレーを食べたくるときもあって、そんなときはカルディでレトルトを買いに走ります。無理に自分で作るより、断然おいしいですからね(笑)」

P1010002
さらにこのあと、子どもたちのおやつ用に作っておいたというかぼちゃプリンまでごちそうに。
「冷凍かぼちゃを蒸してからフードプロセッサーにかけ、生クリーム、砂糖、卵、バニラエッセンスを混ぜただけですよ。すごく簡単なんですけど、冷凍野菜ってじつは旬のものを使っていて甘みが強くほくほくしているから、特別なことしなくてもおいしくできるんですよね」

この日は、なんだかんだとフルコースでごちそうになってしまったスタッフ。手際よく料理を作る香菜子さんを見て、おっかさんのすごさを改めて実感したのでありました。

 

→その他の香菜子さんの記事はこちらから

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ