高さを生かせばスペース2倍! 玄関収納

1週間特集「目指せ! コンパクトライフ わが家の収納計画vol.3」
2018.01.10

<収納>をテーマにお届けしている今週の特集。昨年末に78㎡から58㎡のマンションへと引っ越しをした編集人・ウメダの自宅収納をレポートしています。特集3日目になり、ますますリアリティ満載、つまりビジュアルに難あり、、、な内容になって甚だ心配ではありますが、わが家の玄関まわりをご紹介します。

 

s-IMG_3492

 

玄関を入って左手の造り付けのシューズボックスです。物件を下見した際に「これだけ棚板があれば、大丈夫かな」と考えたのですが、甘かった! 以前の住まいのシューズボックスは奥行が深く、前後で2足の靴を入れられたのですが、新しい住まいでは1足分の奥行しかありません。同じ棚板の数でも単純計算で1/2の量しか入らないことに、引っ越し後に気づきました、、、。玄関は入りきらない靴で足の踏み場もないくらい! そこで導入したのがこちら ↓

 

s-P1010063

1足分を上下に分けて置けるシューズラックです。高さは必要になりますが、片足分のスペースで1足分を収納できるので、省スペース。100円ショップの「キャン★ドゥ」で購入しました。

s-IMG_3494

ラックの高さに合わせて棚板を調整し、倍量の靴を収めることができました。収まってよかった!

 

s-P1010064

左側のスペースには折り畳み傘を下げられるフックが付いていたのですが、そのために棚板をちょうど良い位置に設置できません。そこでプラスチックのシューズケースを入れ、シーズンオフのサンダル類を収納。こちらも「キャン★ドゥ」のものですが、スタッキングができる上、前面が開くのでケースを動かすことなく靴を出し入れできる優れもの。最近の100均グッズはよくできているんですねー。

 

s-P1010072

以前は吊り下げ型を使っていたブーツキーパーも、狭い玄関では置く場所がなく、挟むだけのシンプルなものに変えました。これも「キャン★ドゥ」で購入。ただし、頭についていたハート形の飾りは必要なかったので鋸でカットしてしまいました。実用的なブーツキーパーになぜ、ハートの飾りを? 100均の世界は奥が深い、、、。

 

今回の収納計画で、実は地味ながら最も力を入れたのが、シューズボックスの向いにあるシューズクロゼットです。名前の通り、本来は靴を収納するためのものですが、わが家ではここを納戸兼ストックルームとして使うことに。

s-P1010065

間口からギリギリ出し入れできるサイズのスチールラックをネットで探して、手前のスペースに設置。これで床から天井まで無駄なく空間を使えるようになりました。ここに飲料水やスポーツドリンク、ジャム、シリアル、トイレットペーパーなどのストックを。

 

s-P1010067

一番下が台車スペース。一般家庭でこんなに大きな台車が必要なの? という疑問は私も持っておりますが、夫が購入してしまったので置き場を作らねばなりません。涙。飲料水などを宅配ボックスから運ぶときにいるんですって(私は重いものを出し入れしないので、実感がない)。何はともあれ、入れるものの大きさに合わせて棚板の位置を変えられるスチールラックはこういうときに便利ですね。

 

s-P1010068

キャスター付きのスチールラックは、手前に引き出すことができます。ラックの奥は、、、

s-P1010070

造り付けの棚があり、ここには防災グッズをまとめました。一番下が非常用トイレとペーパー。知り合いに東日本大震災の際、現地で取材をした記者がいて「トイレだけは自分の責任で用意したほうがいい」と力説していたので、約100回分を用意しています。2段目がヘルメットやヘッドランプ、ラジオなどをまとめた防災グッズ。電気・ガスが止まったときに備えてカセットコンロも。3段目、4段目が非常食です。レトルトタイプではありますが、ごはん、おかず、デザートなどがセットになって36食分、3年間保存できるセットを用意。外箱にメニュー名と賞味期限が書いてあるので、1年に12食分ずつ食べて入れ替える予定です。

 

s-P1010071

ラックの左に空いたスペースが傘立て。スキー板やストックもここへ。

 

s-P1010066

1年に1度、花火見物のときに使うレジャーシートも袋に入れて、吊り下げ収納に。定位置が決まりました。

 

 

これらのストック品や防災グッズは、以前の住まいでは、使っていない6畳の部屋に無造作に置いていました。それだけ空間に余裕があったからできた訳ですが、今考えるとスペースを無駄にしていたなぁと思います。限られた空間を最大限に生かすため、スチールラックを選ぶ際は縦・横・高さを徹底して採寸して、入れるもののサイズに合わせて棚板の位置も数cm単位で調整しました。正直、手間ではありましたが、その結果、ストック品の在庫がひと目で見渡せるようになり、管理がぐーんと楽になりました。あちこちに散らばっていた防災グッズもまとめることができ、ひと安心。何よりぴったり収まった様子が気持ちよく、用もないのに扉を開けて眺めては、自己満足に浸っています。笑

 

日を追うごとに、地味な内容になるこの特集、大丈夫なんでしょうか? 不安を抱えながら明日は洗面スペースの様子をお届けします!

 

収納計画vol.1 クロゼット編(1/8更新)
収納計画vol.2 キッチン編(1/9更新)
収納計画vol.3 玄関編(1/10更新)
収納計画vol.4 洗面所編(1/11更新)
収納計画vol.5 書類、小物編(1/12更新)

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ