今日を楽しく変えられるのは私だけ。Vol.1  モデル/デザイナー 雅姫さん

暮らしのおへそ
2018.01.15

web145A

雑誌に紹介される自分と、
本当の自分の間にギャップがあって
悩んだ時期もありました。
Jリーガーだった夫は、結婚2年目に引退しました。
人生には思うようにならないことが沢山あります。
でも、誰かが私を幸せにしてくれるわけじゃない。

今日を楽しく変えられるのは私だけ。

そう腹を括ったら、
花一輪、部屋に飾るだけでうれしくなることに
気づきました。

 

 

 

料理上手より、盛り付け上手になる

 

娘が大学生になったので、夕食はひとりの日も。
手をかけて作るより、
好きなものをきれいに盛り付けければハッピー!

web042A  web051A

 ひとりの夕食は、キッチンでヴォルスやモグラ、ピカソたちと一緒に。
「料理はそんなに得意ではないけれど、きれいに盛りつけることは大好き。
好きなものだけ買ってきて、彩りを考えながらトッピングした丼や
ワンプレートご飯はよく作りますね」と雅姫さん。

 

 web056A

サーモンのお刺身をカットし、パクチー、みょうが、おくらなを加えて、
最近気に入っているという「叙々苑」のドレッシングであえただけ。

 夜7時。仕事を早めに終えて家に帰ると、
雅姫さんはキッチンで自分のための夕食作りに取り掛かります。
娘のゆららちゃんは、昨年見事に美術大学に合格し
アルバイトで忙しくて夕食時に家にいることは、
めっきり少なくなりました。
夫の森敦彦さんは元Jリーガー。
今は、ファッションブランド「ワコマリア」のデザイナーとして
忙しい毎日を送り、「いつ帰ってくるかわからないの」
と雅姫さん。

web208A

 こんな風に家族3人はいたって自由。
ただしそこには、これまで、家族の土台を
さりげなく支え続けてきた雅姫さんの姿がありました。

「21歳でゆららを産んですぐに、
森がサッカーを辞めちゃったんです。
Jリーガーと結婚したのに、いきなり無職になっちゃった(笑)。
だから、私が小さな子供がいてもできることを考えて、
『ハグオーワー』を立ち上げたんです」。

 大人の服をそのまま小さくしたような「ハグオーワー」の
子供服は、たちまち評判を呼び、雑誌に掲載された、
ゆららちゃんと雅姫さんのツーショットは、
みんなの憧れでした。その影にこんな事情があったなんて!

Vol.2に続く

photo:砂原文 text:一田憲子
『暮らしのおへそ』Vol.24より

☆☆☆お知らせ☆☆☆
『暮らしのおへそ』Vol.25は2018年1月30日発売です!

 

 

Profile

雅姫

MASAKI

モデルとして活躍するほか、自由が丘に気心地のよい大人のためのカジュアル服の店「ハグ オー ワー」と、暮らしを彩る衣食住を提案する「クロス&クロス」の2店舗をプロデュースし、デザイナーも務める。

『SENS de MASAKI』(集英社)をはじめライフスタイルを紹介する著書多数。夫と娘との暮らしぶりが楽しいインスタグラムも大人気! 雅姫インスタグラム

@mograpicasso

 

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ