大人になって感銘を受けた本【前編】

「大人暮らしで見直した10のもの」1週間特集
2018.03.07


先日発売された本「大人暮らしで見直した10のもの」では、素敵な先輩方に、大人になった今だからこそ、心にしみる本、改めてハッとさせられた本について伺いました。

若い頃には見過ごしてきた言葉や、やり過ごしてきた感情に、思わず心を揺さぶられてしまう……。立場が変わり、経験値が上がったことで、読書体験も以前とは変化するようです。写真は、みなさんがいつも読書したり、本を置いていたりする場所で撮らせていただきましたよ。

今、興味があるのは脳のこと
「1丁目ほりい事務所」堀井和子さん

『脳を最適化すれば能力は2 倍になる』樺沢紫苑(文響社)

1D6A4577
精神科医の著者が語る、脳の働きをよくし、仕事の効率を上げるための方法。「書かれているさまざまなことに、今までの経験や体験を照らし合わせられるのが面白くて。データが自分の中にあるから、遠い科学者の話ではなくて、『自分もそうだった!』って腑に落ちるんです」

 

おせっかい加減が似ているんです
「hal」店主 後藤由紀子さん

『わたしのおせっかい談義』沢村貞子(光文社)

goto-044
昭和の女優が飾らない言葉で綴る、日々のできごとや、仕事上での人間関係について。「食べること、住まうことを心から楽しんでいるところに共感できます。ちょっとおせっかいなところも、自分をよりよく見せていない加減も好き。とにかく粋で格好いい女性だなと思います」

 

大人目線で感じる児童文学の輝き
随筆家 山本ふみこさん

『まつりちゃん』岩瀬成子(理論社)

yamamoto-079
「児童文学は、大人が読んでもハッとさせられるところがいっぱい。5歳の女の子がひとりで暮らし、それをまわりの大人たちが、お互いそうとは知らずになんとはなしに支えていくというお話。誰もが自分の課題を抱えながらも、隣人に心を向けていく。そんなことが描かれています」

→中編へ続きます

←連載「大人暮らしで見直したもの」はこちらから

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ