雑貨店主さんが日々使っているスキンケア【前編】

ナチュリラ
2018.04.25

季節の変わり目は、お肌の調子が気になるときですよね。そこで「ナチュリラ」では、ライフスタイルショップや雑貨店の店主さんたちに、日々のスキンケアやヘアケアに使うものをアンケート! みなさん、肌や髪に負担をかけない、やさしい使い心地のものを選んでいましたよ。ぜひ参考にしてくださいね。

180131_0271
「gris souris」飯島里奈さん

肌が疲れぎみのときは、「みなみ屋」の非加熱・無濾過の生はちみつ大さじ1に、「サボン デ シエスタ」のモリンガオイルを4滴ほど。「洗顔後に顔に塗り、5分ほどパックすれば、肌はモチモチに復活!」。「エルバビーバ」のリップバームは、乾燥したかかと用に。

180123_0009

180123_0026
「copse」小森知佳さん

洗顔には、長野で無農薬米を作る「うちだ農園」の「米ぬか石鹸」を愛用。保湿には、上野真由さんのワークショップで作ったアロマクリームを。「ローズウッドなどの精油が入った“究極の美容クリーム”なんです。ほかにも、風邪予防や花粉ケアなど、その時々でアロマクリームに助けられています」

 

itonowa「itonowa Life」渋谷有美さん

保湿効果が高いといわれる白樺の芳香蒸留水とシアバターから作られた「サボン デ シエスタ」の石けんを愛用。「香りもよく、肌にやさしい感じ。お風呂の中に置いて、顔も体もこれで洗っています」

 

180201_0226「フーコ」森下富美子さん

「ローランド オーガニックウェイ」の洗い流さないヘアトリートメントは「朝スプレーすると、くせ毛がサラサラに」。ハンドクリームとして愛用しているのは「アルボードンズ」のカレンデュラクリーム。「乾燥した手先にも素早くなじんで、しっとり感が長時間続きます」

 

photo:小山奈那子 text:福山雅美 「ナチュリラ」vol.41より

←その他の「ナチュリラ」の記事はこちらから

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ