ショートケーキはいちごから vol.3 藤田志保さん

暮らしのおへそ
2019.02.13

←vol.2はこちらから


働いて自分で稼ぐ

45歳で再就職。
自分で自由に使えるお金を持つことで
世界が大きく広がる。

3_1

出勤は制服で。中に合わせたのはスーパー「マルナカ」で見つけたお気に入りのポロシャツ。必ず鏡の前で靴まで履いて全身をチェックする。


実は去年からフルタイムで働きはじめました。45歳からの再就職です。

「たまたま友人のご主人に声をかけてもらって。思い切って働きはじめて本当によかったと思います。自分が自由に使えるお金があるというのはすごいこと。『稼ぐ』ということの楽しさを、この年齢になって改めて知りました」

洋服も大好き。でも、それは好きなブランドの服をあれこれ買うというのとはちょっと違うよう。

「おしゃれで大事なのは清潔感だと思っています。1枚480円という大介とお揃いのポロシャツも、Tシャツも必ずアイロンをかけます。ファストファッションの安い服は、1枚はふだん用、1枚はよそ行き用と2着買います。くたびれているまま着るのが嫌いだから(笑)」

3_2

肌と手の手入れを忘れない サロン専用の化粧品と「RMK」のトリートメントオイルを愛用。マニキュアは「シャネル」、指先には「プロダクト」のヘアワックスを。

3_3

キャミソールは10枚を着回す 「GU」のカップ付きキャミソールは、胸元の開きやラインがきれいでお気に入り。10枚買って順番に着回せば、クタクタになることもない。

3_4

Tシャツもアイロンをかける Tシャツやポロシャツもきちんとアイロンをかける。安い服でもシワなしでピシッと着ると、それだけでこざっぱりおしゃれに見える。

 

暮らしのおへそ Vol.26」より
photo:興村憲彦 text:一田憲子

 

→vol.4につづきます

Profile

藤田志保

Shiho Fujita

大学卒業後、地元の企業に就職。結婚を機に専業主婦に。実家に父、夫(単身赴任中)、長女、長男と暮らす。昨年から仕事を再開。派遣登録をして、現在は病院で事務の仕事をこなす。専業主婦時代は手作りにはまり、ブローチなどを作っていた。おいしいものとおしゃれが好き。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ